チーム情報<ウエスタン3>

【パシフィック】

レイカーズ  ・サンズ  ・ウォーリアーズ  ・キングス  ・クリッパーズ


ロサンゼルス・レイカーズ

あのジャバーからも特訓を受けているという、アンドリュー・バイナム。

あのジャバーからも特訓を受けているという、アンドリュー・バイナム。

昨年のファイナルで惜しくもチャンピオンリングを逃したレイカーズ。その要因の一つとして、バイナムをケガで欠いた事が挙げられます。今シーズンはその彼も復帰し、昨シーズン途中から加入したガソルとインサイドを固めています。さらに、何といっても絶対的エースであるコービーの存在が大きい。以前はセルフィッシュだったコービーが昨シーズンからチームメイトを信頼し、チームプレーに徹していて、それが好調の要因にもなっています。また他のメンバーの実力向上にもつながり、今や死角は見当たらなくなっています。オドムが控えでいるのはとても心強いし。昨シーズンの雪辱を果たせる可能性もかなり高いのではないでしょうか。

主なプレイヤー:ブライアント、ガソル、バイナム、フィッシャー、オドム、ラドマノビッチ、ファーマー

 

ページTOPへ

フェニックス・サンズ

過去に2シーズン連続でシーズンMVPを獲得した、NBA屈指のPGスティーブ・ナッシュ。

過去に2シーズン連続でシーズンMVPを獲得したことがある、NBA屈指の名PGスティーブ・ナッシュ。

毎シーズン優勝候補としてうたわれてきながら、なかなか辿り着けないサンズ。ナッシュから繰り出されるパスを中心としたラン&ガンスタイルはとても攻撃力があり、観る人も楽しませてくれます。しかしその戦略ではなかなかチャンピオンまで到達することができないため、シャックを獲得したりヘッドコーチを交代させたりと、チームを改革し始めています。現状ではハーフコートオフェンスと従来のスタイルをうまく使い分けようとしています。ナッシュとアマレを中心とした攻撃が目立ちますが、ヒルやバルボサといった控え選手も充実。そして、エース級の選手、リチャードソンをシーズン途中に獲得したことも大きいでしょう。あとは早くチームの方向性を明確にできればもっと上昇すると思います。

主なプレイヤー:ナッシュ、スタウダマイヤー、オニール、リチャードソン、バルボサ、ヒル、バーンズ

 

ページTOPへ

ゴールデンステイト・ウォーリアーズ

かつてスパーズで優勝経験のあるスティーブン・ジャクソンへの期待は大きいです。

かつてスパーズで優勝経験のあるスティーブン・ジャクソンへの期待は大きいです。

一昨シーズンのプレイオフで一大旋風を巻き起こしたウォーリアーズですが、その時に活躍していたデイビスとリチャードソンはチームを去り、再編の時を迎えています。新加入のマゲッティやクロフォードにも期待がかかりますが、チームを牽引しているジャクソンや若手のビアドリンシュやアズブーキーらもいい働きをしており(特にビアドリンシュは細身ながらブロックやリバウンドが強い)、それらがうまく融合すればプレイオフに返り咲くことも可能だと思います。あとはやはり比較的若いチームだと思いますので、ゲームをうまくコントロールできるベテランポイントガードが加入すれば、もっと強くなるのではないでしょうか。アトランタ・ホークスのように。

主なプレイヤー:ジャクソン、ビアドリンシュ、アズブーキー、エリス、マゲッティ、クロフォード、ベリネリ

 

ページTOPへ

サクラメント・キングス

かつて6thマン賞を獲得したことがあるボビー・ジャクソンの活躍をまた観てみたいです。

かつて6thマン賞を獲得したボビー・ジャクソンの活躍をまた観たいです。

かつてシャック&コービーの時代のレイカーズと死闘を繰り広げたキングスですが、その頃の主力メンバーのほとんどがチームを去り、ここ最近は低迷しています。昨シーズン急成長したマーティンは序盤ケガに苦しんでおり、彼に代わる得点源もはっきりしていない状況のようです。ミラーやサーモンズ、ガルシアといった選手もいるのですが、チームの顔という印象はあまりありません。先発PGも若いウードリックが務めている感じなので、やはり物足りない感は否めません。爆発力という点でいくと、ジャクソンに期待がかかるのですが、彼もベテランの域になってしまい、かつての輝きを取り戻すのは難しいのでしょうか。プレイオフに進出するのはまだ厳しそうです。

主なプレイヤー:マーティン、ミラー、サーモンズ、ガルシア、ジャクソン、トーマス、ウードリック

 

ページTOPへ

ロサンゼルス・クリッパーズ

得点力とアシスト力を兼�備えた、リーグを代表するPGバ�ン・デイビス。

得点力とアシスト力を兼ね備えた、リーグを代表するPGバロン・デイビス。

チームの大黒柱だったブランドを放出し、司令塔のデイビス(バロン)やブロックをはじめとするディフェンス力に定評があるキャンビーをゲット。他にもランドルフやデイビス(リッキー)らも加え、メンバーの充実を図っています。またルーキーのゴードンの活躍も目立ちます。ただ、センターのケイマンはケガに苦しんでおり、なかなかベストメンバーとまではいけていません。12月の段階ではまだ下位グループにいますが、11月に比べて勝ち星を増やしてきており、だんだんとチームケミストリーが形成されてきていると思います。その勝ち星をブレイザーズやロケッツといった強豪チームからも挙げているので、これから後半に向けて期待も膨らんでいくでしょう。

主なプレイヤー:デイビス(バロンとリッキー)、ケイマン、ゴードン、キャンビー、ランドルフ、ソーントン

 

ページTOPへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。