チーム情報<イースタン1>

【アトランティック】

セルティックス  ・ラプターズ  ・ネッツ  ・ニックス  ・76ers


 ボストン・セルティックス

boston

セルティックスのbig3。左からアレン、ガーネット、ピアース

昨シーズンの覇者。昨シーズン初めにアレンとガーネットが加入したことにより、BIG3を形成。3人ともチームケミストリーを第一に考える選手だったこともあり、すぐ強豪チームに生まれ変わりました(一昨年までは最下位を争うチームでした。)。若手も急成長していますが、その中でも注目なのがロンドです。今シーズンのチーム浮沈のカギは、BIG3はもちろんですが、彼も担っているといっても過言ではないでしょう。それになんといっても、セルティックスの強さはガーネットを中心とした強力なディフェンスです。ジェームズ・ポージーがオフに抜けたのは痛いですが、そのディフェンス力は素晴らしいです。スタートダッシュに成功した今シーズンも優勝候補の1つです。

主なプレイヤー:ピアース、ガーネット、アレン(レイとトニー)、ロンド、パーキンス、デイビス

 

ページTOPへ

トロント・ラプターズ

私個人的にはガーネットのサウスポーバージョンに見えるボッシュ。

私個人的にはガーネットのサウスポーバージョンに見えるボッシュ。

近年外国人選手が増えていますが、ラプターズもイタリア、スペイン、オーストラリア、クロアチアと、外国人選手が多いチームの1つです。今シーズンは、ペイサーズのエースであるオニールが加入し、インサイドが強化されました。ボッシュとオニールは2人とも細身ですが、彼らの高さと速さは相手選手の脅威となることでしょう。また、アウトサイドには3Pシュートの名手カポノがいます。インサイドとアウトサイド両方に強い武器があるラプーターズですが、序盤は勝率5割付近と苦戦しています。それでも、怪我が心配なオニールの健康状態を維持できれば、かなりいい線いくのではないかと思います。

主なプレイヤー:ボッシュ、オニール、カルデロン、パーカー、バルニャーニ、カポノ、ムーン

 

ページTOPへ

ニュージャージー・ネッツ

11月30日のサンズ戦で47点をたたき出したハリス。

11月30日のサンズ戦で47点をたたき出したハリス。

昨シーズン終盤に、かつてネッツをファイナルに2度導いたキッドを放出。さらにオフシーズンにはジェファーソンを放出しながらも、将来(2010年)のために特に大きな補強をしなかったため、しばらくは我慢のシーズンになるかと思いきや、序盤は5割を超える成績を出しています。その立役者となっているのが、カーターではなく、ハリス。ポイントガードながら得点力もあり、今シーズン急成長中です。また、中国人選手のイ・ジャンリンにも注目です。長身ながらアウトサイドの攻撃も上手だし、彼もチームの要だと思います。そんなことで、ネッツは今シーズン、台風の目になりそうな気がします。

主なプレイヤー:カーター、ハリス、イ、ロペス、ブーン、シモンズ、アンダーソン

 

ページTOPへ

ニューヨーク・ニックス

06年スラムダンクコンテストのチャンピオン、�ビンソン。

06年スラムダンクコンテストのチャンピオン、ロビンソン。

昨シーズンまで下位に甘んじていたニックスですが、今シーズンはプレイオフを狙えるチームだと思います。その理由としてまず挙げられるのが、今シーズンからチームのヘッドコーチに就任したダントーニ氏。彼はかつてあまり強くなかったサンズを1年で強豪に押し上げた名将です。ちょうど田臥勇太選手がサンズでデビューした年です。能力の高い選手も揃っており、コーチの指揮のもと、攻撃性が強いチームに生まれ変わると思います。ニックスもネッツど同様に2010年に向けてサラリーキャップを空けているとの噂があり、もしその思惑が実現すれば近い将来、優勝候補にのし上がることでしょう。

主なプレイヤー:リチャードソン、ハリントン、ロビンソン、リー、カリー、デュホン、チャンドラー

 

ページTOPへ

フィラデルフィア・76ers

アイバーソンが去ってからチームのエースに成長したイグドラ。

アイバーソンが去ってからチームのエースに成長したイグドラ。

シーズン開幕前にブランドがチームに加入し、インサイドが強力になったことで、今シーズンはいい線いくのではないかと思っていたのですが、序盤は苦しい展開を強いられています。まあ、まだ序盤ですしチームとして機能するのにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、最終的にはプレイオフ争いに加わると思います。インサイドにはブランド、今やチームのエースになったイグドラに加え、高得点&高アシストを望めるポイントガードのミラーがいて、とてもバランスの良いチームになっていると思います。ただ控えの層が気になります。インサイドは強いと思うのですが、アウトサイドの層が薄い感じは否めません。

主なプレイヤー:イグドラ、ブランド、ミラー、ダレンベア、ヤング、グリーン、ラトリフ

 

ページTOPへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。