キンケシ7

左上から(29)、(30)、(31)、(32)

左上から(29)、(30)、(31)、(32)


(29:左上)サンシャイン

黄金のマスク編で登場。ウォーズマン体内のリング最上階でジェロニモと闘います。胸のキーパーツを使って様々な形に変身。凱旋門やコマ、逆ピラミッドなどで、ジェロニモを痛めつけます。砂に姿を変えることもでき、体内にジェロニモを封じ込めて窒息死寸前まで追い込みました。が、「キーパーツと音」が弱点であることを悟られ、「アパッチのおたけび」にて粉砕されてしまいます。しかし、次のタッグトーナメント編でパワーアップして復活。アシュラマンとコンビを組み、再びジェロニモと闘います。この時弱点であるキーパーツ部分を「呪いのローラー」に変え、大活躍。ジェロニモとカメハメをローラーの餌食にします。次のマッスルブラザーズ戦ではアシュラマンの攻撃用としても活躍。アシュラマンをローラーに入れてその勢いで相手に突っ込ませます。また砂のボールをはじめとした変身で相手を苦しめました。しかし、誤ってアシュラマンの腕をローラーで引きちぎってしまうミスも。結局正義の友情パワーの前に屈してしまいます。そして最後はヘルミッショネルズの制裁により殺されてしまいます。悪魔騎士の中で首領格とされるほどの実力者。

(30:右上)モーターマン
王位争奪編のゼブラチームの次鋒。闘う前から弱っていたテリーマンを、頭のドリルと両手の電流で破ります。しかし、キン肉マンチームの中堅であるラーメンマンにあっさりと破れてしまいました。最初は故意にモーターマンの攻撃を受けていたラーメンマンですが、自分から流れる大量の血を見てラーメンマンの闘士が復活。得意のキックを浴び、最後はキャメルクラッチで体を両断されてしいました。しかし、後でゼブラチームの中で一番弱いことが判明。実はゼブラチーム中堅であるバイクマンの充電用として雇われていたのでした。

(31:左下)スニゲーター
黄金のマスク編の六騎士の一人。最初にキン肉マンと闘いました。鋭い牙で噛み付いたり、ベンチやロープをワニ化してキン肉マンに襲いかかったりと、独特の技を繰り広げます。またキン肉マンに弱点を見破られるたびに姿を変えて新たな技を披露。写真の襟巻きトカゲもその1つです。最後は巨大な恐竜の手でキン肉マンを苦しめますが、破れてしまいます。この時、「悪魔はタダでは死なない」と言い残して死亡。果たして、その直後キン肉マンは死んでしまうのです。恐るべし悪魔、と思った瞬間でした。しかし、そういえば、この後の闘いでは一度もこのシチュエーション(道づれにして死亡するシーン)はなかったような。

(32:右下)ウルフマン
千代の富士をモデルにした超人。キン肉マンと行動を共にする正義超人の中では最弱。2回目の超人オリンピックで登場。キン肉マンと共に日本代表として出場します。最初は仲が悪かった2人ですが、最終予選のローラースケートで手を組みます。周回が9周目だったのを6周目だったと他の者を欺いたり、フィッシャーズの企みをかわしたりと、いい連携プレーを見せます。最後はオイル漏れでビシャビシャになったゴール前を見事ジャンプでかわして決勝ラウンドへ進出。初戦はキューブマンを強烈な張り手&合掌ひねりで倒します。続く準決勝でキン肉マンと対決。土俵の相撲にて雌雄を決します。ここでも強烈な張り手と押しでキン肉マンを土俵際まで追いつめますが、最後は粘るキン肉マンの前に破れてしまいました。ウルフマンはこの超人オリンピックが一番の活躍の場でした。7人の悪魔超人編ではスプリングマンにあっさりと殺されてしまい、黄金のマスク編ではスニゲーター戦で死んでしまったキン肉マンに自分の命を与えて死亡。黄金のマスク編ではブロッケンJr.と組みますが、突如現れたスクリューキット&ケンダマンにあっさりと破れてしまいます。最後の王位争奪編では登場すらしませんでした。千代の富士人気にあやかっただけの超人のような気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。