三国志検定4

〜赤壁の戦い後-三国志時代突入編〜

レッドクリフ直後の時期からの問題です

久々になってしまいましたが、三国志検定第4弾です。

今回は総合編part2。赤壁の戦い後〜三国成立まで、つまり本当の「三国志」になるまでの時代におけるクイズです。

kentei-title

Q.1 赤壁の戦いの主役ともいうべき周瑜。36歳の若さで逝った彼が最後に立てた策とは?
1. 天下二分の計  2. 孔明暗殺計画  3. 埋伏の毒

Q.2 周瑜亡き後、その後を継いだ者は?
1. 魯粛  2. 呂蒙  3. 陸遜

Q.3 荊州にいた劉備は在野武将の獲得に力を入れますが、この時生まれた故事成語は?
1. 水魚の交わり  2. 破竹の勢い  3. 白眉

Q.4 劉備は呉からの政略結婚を受けて孫尚香と結婚することになりましたが、その時の呉の本当の狙いは?
1. 若くて美人の孫尚香により劉備を骨抜きにしようとした
2. 劉備との同盟を天下に示し、曹操の侵略を防ごうとした
3. 劉備を呉に招き寄せて暗殺しようとした

Q.5 劉備と孫尚香が結婚した時期、ある奇跡が起こりますが、それは次のうちどれ?
1. 風向きが北西から東南に変わった
2. 大岩を十字に割ることができた
3. 妖術師が現れ、分身をはじめ、様々な術を演じた

Q.6 劉備が蜀侵攻の足がかりとして制圧した荊州4郡のうち、部下の進言を聞き入れずに大敗したため、その者から殺されてしまった大守がいましたが、彼が治めていた場所はどこ?
1. 長沙  2. 零陵  3. 武陵

Q.7 父・馬騰を曹操により殺された馬超は韓遂と組んで曹操の領地を次々と侵略していきます。ところが、反間の計により韓遂が曹操の軍門に降ってしまいます。さて、この時馬超がとった行動は?
1. 韓遂の陣に乗り込み、右腕を切り落とした
2. 去る者を追わず、韓遂の行動を黙認した
3. 頭脳を失った馬超は大敗する前に退却した

Q.8 益州攻略を窺う張魯に対して益州の大守・劉璋は、劉備を蜀に迎えようとしますが、これに反対するものもいました。その中で、飛び降り自殺してしまった人物は?
1. 黄権  2. 王累  3. 張粛

Q.9 孔明と共に劉備軍の副軍師として活躍し出していた龐統。しかし、彼は蜀攻略の際に死亡してしまいます。この龐統が討ち取られた場所は?
1. 剣閣  2.  落鳳坡  3.  綿竹関

Q.10 劉璋は迫り来る劉備軍に対し、下策にも張魯に援軍を乞います。その時、張魯の客将であった馬超が劉備と対決することになりますが、張魯に疑いをかけられ進退極まってしまいました。この時劉備軍の使者・李恢の説得により劉備軍に降る訳ですが、この時李恢に言われた言葉は?
1. 主・劉備は貴殿を五虎大将軍に任じるつもりでいる
2. もはや勝敗は決した。ここで犬死にするのはもったいない。是非我が軍でその腕を大いに奮って欲しい
3. お前の父は誰に殺された?ここで戦って一番喜ぶのは、その父を殺した曹操ではないか

解答・解説はこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。