山﨑豊子氏の本

18 05 2012

久々に読書について書きます。『白い巨塔』『運命の人』など、よくドラマ化される山﨑豊子氏の著書を読みたいと思い、いくつか図書館で借りました。キムタクが主演したドラマ『華麗なる一族』なども読みましたが、大戦がらみの作品が印象に残ってます。シベリア抑留の辛い時代を経て商社マンとして奮闘する『不毛地帯』。終戦間際の満州でソ連から逃げ惑った後、「日本人」の血が流れるとして疎外されながら中国人として生きていく『大地の子』。いずれも虐待や迫害の場面が克明に描写されていて、かなり重い気持ちになりながら読んでいました。強引に家族と引き離される人々、果たしない孤独・・・。その文章の中には、筆者の戦争への憎悪が込められています。読み応えのある、重いテーマの著書ですが、戦争というものの酷さを知る上で、読むべきだと思いました。同じく大戦絡みの長編『二つの祖国』も図書館で見つけ次第、読もうと思います。

凍土と砂漠の、2つの不毛地帯を描いています

二人の父への思いが葛藤する場面も印象的です。





峠と歳月

1 07 2011

幕末時代の志士を採り上げた司馬遼太郎の本2冊です。

この本は超オススメです

「峠」は、長岡藩家老の河井継之助の話。佐幕派でありながら、「武器は西洋化させるべし」と機関銃などの西洋最新兵器を早くから取り入れ、自藩の富国強兵を促進させます。時代は倒幕派と佐幕派に分かれる中、河井が目指したのはスイスのような、永世中立国にすること。それを実現させるために河井は奔走しますが、時代の流れには敵わず、官軍と戦うことになってしまいます。河井によって作り上げられた長岡藩は強く、戊辰戦争で最大の激戦地とまでいわれるほど、この戦いは本当に凄まじかったようです。それにしても、この本は本当に面白かった!これを読むまで河井継之助を知りませんでしたが、この人の人生は本当に「あっぱれ!」と言うべきものです。武士の魂を失わず、日本(長岡藩)の将来を見据えた志は素晴らしかった!人として男として最高です。これは、絶対読むべきです。

山あり谷ありの人生とはまさにこのこと

一方、「歳月」は肥前(佐賀)藩士の江藤新平の話です。倒幕派ながらも、日和見的な肥前藩を卑屈に思っている江藤は、長州と薩摩中心の明治政府を打倒し、肥前藩中心の政府を作ろうと企てます。明治政府の官僚時代には司法省のヘッドとして持ち前の頭の良さを生かし、井上馨や山県有朋の汚職を弾劾しようとします。中でも板垣退助や西郷隆盛らと共に征韓論を戦わせていた中盤が彼の絶頂期でとても面白く、この本のクライマックスといっても過言ではありません。そして最終的な敵は大久保利通。悲しいかな、軍配は大久保に上がり、江藤は佐賀へと落ちていきます。ここで西郷隆盛や板垣退助らと組んで明治政府を倒そうとしますが・・・。政略では一枚も二枚も上手の大久保に・・・。思わず「適材適所」という言葉が頭をよぎりました。それにしても、わずか7年間でここまで人生の山と谷を経験した人が、一体何人いるでしょうか。まさに波瀾万丈の人生とも言えるでしょう。しかし、「たられば」になってしまいますが、江藤新平がそのまま司法省でその敏腕を振り続けていたら、今の日本も違ったものになっていたかもしれませんね。





幕末

27 05 2010

先日の龍馬伝で、佐藤健演じる「岡田以蔵」が原田泰造演じる「近藤勇」率いる新撰組に襲われていましたね。岡田以蔵も「人斬り」と異名されていましたが、この時代は人斬りや暗殺が流行していました。坂本龍馬も志半ばにして暗殺されてしまいましたし。そんな幕末の暗殺劇を描いたのが司馬遼太郎の「幕末」。暗殺は嫌いという筆者が、あえて「暗殺」という視点から幕末を描いています。幕末における12の暗殺事件。「暗殺からは何ももたらされない」と語る筆者が、唯一歴史的遺産になったと言わしめた「桜田門外の変」から、鳥羽伏見の戦い後の田中顕助を記した「最後の攘夷志士」まで、多くの血が流れた激動の時代を、通常の幕末小説とは異なる視点で書いていたので、新鮮な感じがしてとても面白かったです。「逃げの小五郎」と言われた桂小五郎の一面や、井上馨と伊藤博文のエピソードなど、今まであまりお目にかかっていなかった事柄が多かったので、勉強にもなりました。井上馨が「どこでも用を足せた」というのには、かなり驚かされました。イギリス公使館放火の際にも、放火の現場で●●してきたそうです。

それにしても、この時代の若者はエネルギッシュだったんだなあとつくづく感じ入りました。あと、何でもそうだと思いますが、特にこの「幕末」という時代には、いろんな角度から見る面白さが満載されていると感じました。司馬遼太郎作品にはたくさんの幕末小説があるので、他の著書も読んでいきたいと思います。

幕末という、わずかな期間に一体どれほどの人が暗殺されたのでしょうか・・・。





海賊船幽霊丸

26 05 2010

笹沢左保の著書ですが、完成前に著者が他界してしまったため、最終章を森村誠一が補筆。時は関ヶ原の合戦から9年後。西軍に加担して敗れた伊予の来島水軍の物語です。この頃徳川政権は、キリスト教の布教から政権が崩れることを恐れ始め、だんだんと貿易船の取り締まりが厳しくなってきていました。そして、来島水軍が属する主家は国替えを命じられ、海とは無縁の場所へ行く事が決定。そんな中、瀬戸内の幽霊島で製造中の軍船が発見されました。恐らく秀吉政権下で朝鮮出兵のため造られていた物と思われるその船を、来島水軍の残党が完成させ、日本出国を決意。一度出たら日本には二度と戻れないが、「水軍は海から離れたら死んだも同じ」との思いが強く、双生児2人を頭に、日本を後にします。その途中で徳川方の軍船と交戦(自分らを止めようとした相手に一方的な攻撃をして撃破)。その後の舞台は主にフィリピンへと移り、当時「無敵艦隊」と言われていたスペインの軍船を相手にすることになります。史実を元にした物語なのでとても興味深く読めたのですが、笹沢左保の手法なのでしょうか、章が始まるごとに幽霊船や主人公達の同じ説明が2ページほどあるのがウザかった。皮肉にも森村氏が執筆した最終章は、そんな説明はなく、読んでいて一番面白かったです。森村氏が最後の解説を書いていたのですが、元々ホテルマンだった同氏が作家になるきっかけになったのが、笹沢氏だったそうです。そんな笹沢左保の著書を今回初めて読んだ訳ですが、ちょっと自分には合わないかも。他の作品は違うのかな。でも、内容は面白かったです。ダバオ地方で日本人が人気なことや産業(特にマニラ麻)が発達に日本人が貢献したことのルーツがここにありました。知らざれる真実を読んだ気がして、とても嬉しかったです。

この本が完成したお陰で、彼の著書は全380冊になったとか。・・・凄い





白洲次郎

12 05 2010

親から借りた「白洲次郎 占領を背負った男」を読みました。それまで白洲次郎を知らなかったのですが、こんな人物が日本にいたのですね!これは読むべき本だと思いました。読んで良かった〜。

彼は太平洋戦争で負けた日本を、事実上立て直した男です。この本は彼の一生(祖父の代まで遡る)を伝記っぽく書いてあります。資産家の次男として産まれた次郎は英国に長期留学。優雅な毎日を送っていたところ、会社倒産の報告を受けて急遽帰国することに。そこから彼の人生が大きく変わる訳ですが、先見の明があり、早くから日本が負ける事を予期し、鶴川(現在の町田市)に疎開します。戦後は日本政府とアメリカの占領軍「GHQ」との橋渡しに奔走。「われわれは戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」との名言も残し、GHQの要人から「従順ならざる唯一の日本人」とも言わしめたのでした。昭和天皇からダグラス・マッカーサーに対するクリスマスプレゼントを届けた時に「その辺にでも置いてくれ」とプレゼントがぞんざいに扱われたために激怒して「仮にも天皇陛下からの贈り物をその辺に置けとは何事か!」と怒鳴りつけ、持ち帰ろうとしてマッカーサーを慌てさせたというエピソードもあります。そして何より、吉田茂の腹心になってからの活躍ぶりには目を見張るものがあります。吉田政権が長かったのもひとえに次郎がいたからでしょう。貿易庁に就任した時は辣腕ぶりを発揮し、汚職を根絶し、通商産業省(=経済産業省)を設立。その辣腕ぶりから「白洲三百人力」とも言われたそうです。そして何より「サンフランシスコ平和条約」での行動には正直感動しました。周りが敗戦国として卑屈になる中、堂々と渡り合った次郎。彼なくして今日の日本はなかったのでないでしょうか。そして引き際も格好良かった!「日本一格好いい男」という見出しもありましたが、正にその通りだと思いました。

吉田茂の腹心として影で動いていた部分が多かったため、あまり知られていないエピソードも結構あるそうですが、最近になって白洲次郎の話題がいろいろ出てきてますね。これは、現在の政治家の情けなさを嘆いている方々が多いという背景もあると思います。今や「公約違反」と言われている民主党と鳩山首相。国のことより選挙のことを優先して考えているとしか思えない現在の政治家。この状況を白洲氏が見たらどう思うでしょう。今こそ、彼のような政治家が必要な時なのではないでしょうか。

日本にもこんな人がいたのか!?と強く感じ入りました。





忠臣蔵

8 03 2010

自分は今まで「忠臣蔵」を読んだこともTVで見たこともありませんでした。なので、吉良上野介や浅野内匠頭、大石内蔵助といった主要人物を知っているのみで、時代背景や討ち入りまでのいきさつ等はほとんど知りませんでした。で、「日本人なら一度は見るべし」と思い、図書館で見つけた森村誠一の「忠臣蔵」を手に取りました。前書きを読むと、他の著書はほとんど「浅野側」のみの記載ばかりで、「吉良側」からの立場では描かれていないとのこと。で、森村氏は「吉良側」の視点も取り入れて書くことで、両陣営の人間の心情を描いたそうです。何となく浅野側が正義、吉良側が悪、という印象があったので、この描写方法に期待大です。

野犬に襲われている娘を元浅野家の浪人が助ける場面からスタート。そう、忠臣蔵の舞台は5代綱吉の「お犬様」時代だったのをここで知りました。そして松の廊下事件は浅野側が招いたともいえたのですね。接待役になった浅野が吉良に教えを請う立場であり、吉良が賄賂に目がないのを知りながら、挨拶の際に饅頭だけしか渡さなかったことが致命的だったでしょう。吉良上野介としては馬鹿にされたとして憤慨してもおかしくないかと(他の者達はしっかり持ってきているのに)。その辺りを柔軟に対応できなかった浅野側が不幸を招いてしまいましたね。さらに赤穂塩を巡って今をときめく柳沢吉保と対立していたのも浅野側の不幸でしたね。喧嘩両成敗とされる中、浅野側のみ処罰された片手落ちの判決を促したのも柳沢でしたし。

この本を読んで良かったなと思ったのは、皆人間臭かったことです。大石内蔵助はじめ、浅野の遺臣は英雄視されることなく、むしろグレーな部分も描かれていたのが現実味があって良かったです。討ち入りの場面では、浅野側よりもむしろ吉良側主体に書かれていました。武装において圧倒的な劣勢の中、主君を守ろうと奮闘する剣士達は格好良かったです。結局ほとんどが大石率いる赤穂浪士相手に討ち死にしてしまいますが、何とか生き残った上野介の長男が一番可愛そうだった気がします。吉良を悪とする世論もあり、配流された先でも幽閉同然の扱いで最後は世間に忘れられながら死んでしまいます。大名にその身を預けられ幕府の沙汰を待つ赤穂浪士が寛大な扱いを受けていたことを思うと全くの対照的でした。これも片手落ちの処遇ではとも思ってしまいました。

切腹の場に行く場面も印象的でした。部屋から一人ひとり出て行くのを「トイレに行ったような」と書かれていたのにはリアルに寂しさを感じました。「最後に呼ばれるのは嫌だ」という気持ちも十分理解できました。他、6代将軍家宣や新井白石、大奥との関わり合いも描いていたのが良かったです。全盛期を迎えた柳沢が保身に走りながらも衰退していく様には「時代」を感じました。一人の将軍に対して絶対的な信用を勝ち得た取り巻きが大躍進しますが、次の将軍になるとその地位から陥落してしまう・・・。家康の本多正純、秀忠の土井利勝もそうでしたね。そして綱吉の柳沢吉保、家宣の新井白石。白石は綱吉時代に生まれた最悪の法令「生類憐れみの令」を廃止したりして脚光を浴びますが、家宣が急死したことにより、彼の地位もわずか数年で落ちていってしまいます。その辺りまでこの本で描かれていたので、時代背景も結構理解できました。日本に古くから数多ある「忠臣蔵」の中で2007年に刊行された森村氏の「忠臣蔵」。かなり充実した内容でしたので、他の著者が書いた「忠臣蔵」を読むことが出来るかとても不安です。

大石内蔵助と上杉家の家老色部との知恵比べも面白かったです。





燃えよ剣

24 02 2010

新撰組副長「土方歳三」の話です。多摩での不良少年時代、新撰組時代を経て函館で戦死するまでを描いています。以前大河ドラマで放映された「新撰組」も面白かったですね。どうしてもその頃のキャストが本の登場人物に同化してしまいました。近藤勇は香取慎吾、土方歳三は山本耕史、沖田総司は藤原竜也、・・・。特に土方歳三を演じた山本耕史は役にハマってましたね。齋藤一を演じたオダギリジョーも良かったなあ。大河ドラマでは池田屋事件をピークに衰退し、最後は近藤勇が処刑されて終わる訳ですが、この本は函館の戦いまでを描いています。TVでも特別ドラマとして函館時代を放映していましたが、本当の最後の場面のみでした。それに対し、この本は流山で近藤と惜別してから宇都宮、会津と、彼の転戦ぶりを描いており、とても面白かったです。特に宇都宮城攻略戦が印象的でした。京都での新撰組としての戦いはもちろんですが、新撰組崩壊後の活躍も凄かった。鉄砲玉が彼を避けるように飛んでいたし、将として大切な運も持っていました。最後の五稜郭での戦いも、味方が総崩れの中、土方歳三率いる軍だけは優勢でしたし。彼はまさに喧嘩するために生まれてきた男なのだなあとつくづく思いました。ちょっと前に「坂の上の雲」を読んでいただけに、彼が生き残って日露戦争で一軍を率いていたら、きっともっと有利に戦えていたのではないかなと思いました。特に旅順攻略・・・。

攘夷や尊王、左幕など、思想が入り乱れる中、土方歳三は思想を一切変えませんでした。というか己にあるのは戦いのみで、思想とは無縁でした。そんな土方歳三は人々から恐れられ、悪役のレッテルを貼られていましたですが、俳句を作ったり淡い恋をしたりと、人情ある一面も描かれていました。そして何より新撰組を一番愛していたのは間違いなく彼でしょう。新撰組を語る上で絶対外せない土方歳三。司馬遼太郎の本ということもあり、とても面白くて一気に読んでしまいました。幕末を舞台にした司馬遼太郎の本の中で「龍馬がゆく」と共に、この「燃えよ剣」もオススメです。西郷隆盛と大久保利通にスポットを当てた幕末長編「翔ぶが如く」は大河ドラマを少し観ただけで、ちゃんと読んだことがないので、これも読もうと思います。

上巻は新撰組の誕生から栄光、下巻は新撰組の衰退とその後が描かれています。





ディファイアンス

12 01 2010

第二次大戦時のナチス・ドイツ占領下でのユダヤ人救出について描かれた、実話を基にした映画。ユダヤ人であるビエルスキ3兄弟がユダヤ人狩りから逃れるため、同胞と共にベラルーシの森に隠れ、ナチス・ドイツに抵抗しながら安息の地を求めていく物語です。その救助した人数は、あのシンドラーに匹敵する1,200名と言われており、ユダヤ人の英雄ともされています。主人公を演じるのは007主演の「ダニエル・クレイグ」。彼の鬼気迫る演技はとても良かったですが、それ以上に弟のズシュを演じたリーヴ・シュレイバーがいい味を出していて印象的でした。元々は兄弟たちで逃げ込んでいたところに、続々とユダヤ人が集まってきた感じで、「大人数だと見つかる可能性も高くて危険」というズシュと「来た者は拒まず」という姿勢でいた主人公たちの葛藤があり、さらに敵を同じくするソビエト連邦のゲリラ軍との絡みにも注目です。特に主人公と袂を分かったズシュの動向が見ものでした。地元にいる家族たちが次々と虐殺される報を聞いた仲間たちの悲しみもあり、決して明るい映画とは言えませんが、そんな中仲間たちとの絆が生まれたり、ラブストーリーがあったりと、悲しいばかりの映画ではありませんでした。モーゼの「十戒」ばりの奇跡の行進(水が切れるという現実離れしたものではありませんでしたが)もありましたし。しかし、戦闘シーンは結構エグかったですね。最後の戦いのシーンは、「プライベートライアン」の最後の戦いを彷彿とさせましたが、アメリカ映画らしい終わり方でした。2時間半ちかくある長い映画でしたが、真実に基づいていますし、一度観て損はないと思います。

三男のアザエルがカッコいいシーンもありました。





城塞

7 01 2010

司馬遼太郎の書籍です。まだ「坂の上の雲」が読み途中なのですが、テレビドラマの影響か、図書館で貸出中が続いていて読み終えることができないため、どうしようかと思っていたところ、大阪冬の陣と夏の陣を経て豊臣家が滅びていくという「城塞」が目に入り、借りることにしました。今までこの時期にだけスポットを当てた本を読んだことがなかったので、真田幸村好きの自分としては嬉しい限りです。「上」「中」「下」と3冊に渡る上、それぞれ500ページ以上あるというボリューム。通常図書館の貸出期間は2週間なのですが、今回は年末年始に絡んでいるため3週間借りられたので、ゆっくり読むことができます。

この本は豊臣家の悲劇を描いているわけですが、秀頼の周りの環境がもっと良ければなあとつくづく感じ入りました。秀頼は無能と思われている節もありますが、それは環境がそうさせたと思います。一番の原因は政治の実権を握っていたのが淀殿とその周辺の局だったこと。(まあ淀殿にすれば、秀吉の側室だったし、何も位を持っていなかったので、秀頼にもしもの事があれば、ただの女になってしまうわけで、自分たちの身を守るために必死だったでしょうが・・・。)秀頼を公家にしようとしていたので、何も発言させずただ座っている置物のような存在でした。しかし達筆であったことは有名で、大阪冬の陣で和議を交わした時の家康の字と比べてひどいくらい差があったようです。また、冬の陣で牢人衆と触れ合った後、武士としての心が芽生え、彼を大きく変えました。中でも後藤又兵衛の影響が強かったようです。

そんな秀頼に対し、家康とその陪臣である本多正純は超悪人に仕立て上げられてました。特に顕著だったのは大阪方の家老である片桐且元を離反させるまでの間。天下人の家康が秀頼のいる大阪城を攻めようとしている頃、淀殿の使者として来た局たちには「秀頼は可愛くて仕方がないから悪いようにはしない。安心しなさい。」と温厚に接していると同時に、片桐に対しては「即刻大阪城を立ち去らなければ攻める!」と有無を言わせない態度で臨んでいました。他にも、冬の陣で「三の丸」の堀のみを埋める条件で和睦したのに、「二の丸」の堀まで埋めてしまい、大阪城を丸裸にしてしまったこともひどすぎです。常人では考えられない悪行です。これが天下人のやることでしょうか。もう最後の方の家康は腐れ切っていました。読んでいて本当にうんざりしました。

一方、大阪方の牢人衆がとても格好よく描かれていました。後藤、真田、長宗我部、毛利、明石・・・。そして秀頼の側近である荒木重成も勇敢で格好良かったです。中でもやはり真田幸村が一番格好良く描かれていました。冬の陣では「真田丸」で東軍の主力をことごとく蹴散らし、夏の陣では敵が乱れた隙をついて疾風の如く家康本陣を襲撃しました。敗色濃厚な軍勢がここまで勇敢に戦って敵総大将を自殺寸前まで追い込んだ戦はかつてなかったのではないでしょうか。結果は儚いものになってしまいましたが、西軍が戦国武士最後の華々しい戦いを遂げたことが十分に描かれていました。今まで真田幸村ばかりに目がいっていましたが、後藤又兵衛や毛利勝永、長宗我部盛親も素晴らしい武将だったのだと改めて認識しました。まあ、長宗我部盛親については以前、彼を描いた本を読んでいたので、その有能ぶりは認識していましたが。

それにしても秀頼は環境に恵まれていなかった。彼が決定権を持っていなかったのが本当に痛いです。冬の陣で秀頼の下の総大将が曖昧だったのもひどい話ですね。もし、自分が実権を握っている秀頼の立場なら、総大将に後藤又兵衛、軍師に真田幸村、軍団長に長宗我部盛親、毛利勝永、荒木重成、明石全登、大野主馬・・・。といった布陣で臨みたいですね。まあ勝てるかは別として。それだけ有能な人材がいたということです。前述した通り、長宗我部盛親の本は読みましたが、他の西軍武将たちの本も読みたいと思いました。

城塞とは、秀吉が作った難攻不落の大阪城のことです。





チェ・ゲバラ

7 10 2009

社会主義国のキューバといえば「カストロ」ですが、キューバ革命の際、最も活躍したと言われているのが「チェ・ゲバラ」です。そんな彼を題材とした映画「チェ28歳の革命」と「チェ39歳別れの手紙」を観ました。アルゼンチン出身の医者であるチェが、同士達と革命に参加してキューバ革命を成功させるまでのストーリーである「28歳の革命」、キューバの指導者として君臨するカストロに対し、キューバ革命を他の国にも広げていくため、ボリビアでゲリラ活動を展開するチェを描いた「39歳別れの手紙」。どちらも普通の映画とは異なり、ドキュメント映画のような雰囲気でした。そしてこの映画の特徴的なことは、ゲリラ活動をしている、いわば過去の出来事がカラー映像であり、革命を中南米全土に広げて行こうとして演説していたりインタビューに応えたりしている、いわば革命成功後の出来事がモノクロ映像であった点です。この手法、新鮮味があって印象深かったです。そしてこのモノクロ映像があったから余計ドキュメンタリー映画のようでした。ストーリーは淡々としていましたが、チェ・ゲバラの考え方や生き様が非常に良く分かりました。「革命は血を流してこそ成功する」という考えは過激でしたが、確かに過去に起こったフランス革命やロシア革命など、その国を大きく変えた革命には多くの血が流れています。映画の内容は面白かったですが、やはり主人公を演じたベニチオ・デル・トロが良かった。昔観た「ユージュアル・サスペクツ」では、ケビン・スペイシーと共に、素晴らしい演技をしていました。また今回もチェの役に正にハマっていました。演説の姿や指導者としての役回りには威厳があって、非常にいい雰囲気を出していました。2本立てで観ると4時間以上もかかるので観終わった後は疲れましたが、とても見応えのある、いい映画でした。

キューバ革命があってアメリカと険悪になったのですね。

キューバ革命があってアメリカと険悪になったのですね。