ラーメン屋巡り 158食目

22 08 2013

バリ男

暑い日が続く今日この頃、腹が減ったからガッツリ食べたいと思い、日本橋の人気店「バリ男」を訪れました。時間を外したのにも関わらず、4名ほど先客がいて、自分の後にも2名ほど来店。

次郎系のラーメンかと思いますが、とんこつの香りが結構漂っています。ニンニクはどうしようかと思ったのですが、次郎系にはニンニクを入れるべきと思い、小さじ2ほど投入。スープはパンチのある濃い目の味です。慶應大学前の次郎より美味いかも。麺はモッチリしていてボリューム満点。チャーシューも肉厚、野菜も多く入っていて、かなりガッツリです。味は、次郎より美味いと思います。チャーシューも柔らかくてジューシーだし、スープも◎。食べ応えバッチリです。ただ、もしニンニクを入れなかったら、物足りない感じかと思います。ニンニクあってこそのラーメンだと思います。また、カロリーはかなり高そうなので、食べ過ぎに注意ですね。

まさに「男」という店構えです。

まさに「男」という店構えです。

コスパはかなり良いですが、胃もたれするかも。

コスパはかなり良いですが、胃もたれするかも。

地図・店情報はこちら





小学館ビルの落書き

21 08 2013

自分もよく仕事で訪れている小学館。この小学館ビルが、耐震性の問題で建て直すとのこと。引っ越しも終わり、閑散としたビルの1F応接室に有名漫画家たちが描いた落書きが、最近話題を呼んでいます。ビルの前に人だかりができているとか。自分も先日訪れてみたところ、多くの人が詰め掛けていました。ただ、既に応接室には入れないようになっていて、ビルの窓に落書きが貼り出されていました。さすが歴史のあるビル、そして出版社ですね。超有名な漫画家の落書きがズラリ。凄い。

今週末に再度応接室を解放し、秋口からビルの建て直しを始めるそうです。

shougakukan-rakugaki-1

shougakukan-rakugaki-2

shougakukan-rakugaki-3





ラーメン屋巡り 157食目

20 08 2013

雷鳥

茅場町の人気店に3回目の来店。今回は4号なること「つけ麺」を食しました。軍鶏の鶏ガラをベースにしたあっさりめのスープ、やはり美味い。熱めのスープに、冷たい麺、暑い夏にバッチリです!コシがある麺、スルスルと行けて、のどごしも◎。バナーで焙られたチャーシューは香ばしくてジューシー。大盛りを注文するも、あっという間に完食。鶏ガラのスープ割も良かったです。思わず「ふ~」とため息が出てしまいました。もちろん完飲。1号、2号、4号とそれぞれ美味くて、まだ食していないのは油そばの3号。自分的にこのスープなしの油そばはあまり食していないこともあり、食べたいと思わないのですが、ここのラーメンは全て美味いので、挑戦してみてもいいかもしれないと感じ始めている今日この頃です。

thunderbird-4

麺がキンキンに冷えているので、暑い夏にぴったりです。





コールオブデューティー ワールドアットウォー

19 08 2013

久々にFPSをやりたくなって、日本では禁断の?ゲームを購入しました。コールオブデューティーシリーズの「5」にあたるこのゲーム、なんと日本版が無い(自分は北米版を買いました。)のです。その理由は旧日本軍の扱いでしょうか。太平洋戦争下で、主人公はアメリカ軍の兵士で日本軍と戦うのですが、かなり残酷です。ところどころで「天皇陛下万歳」と叫びながら突っ込んでくる日本軍、火炎放射器で焼き殺される日本軍。かなり凄まじいです。この内容、日本語版が発売されないのもうなずけます。

舞台はマキン、ペリリュー、沖縄。特に、以前トム・ハンクスとスピルバーグが監督のドラマ「パシフィック」を観てから「ペリリュー」の激戦を知った自分としては、ペリリューの舞台を体験したいと思ってました。実際プレイしてみて、この上陸戦は鳥肌立ちましたね。それにしても、日本は劣勢に陥っているのが分かります。米軍が制空権・制海権を握っており、援護を要請すれば、敵の要塞を砲撃してくれて、進退きわまった日本軍を目の当たりにすることができました…。日本人である自分が米軍を操作して日本軍を蹴散らしていくのは、何とも言えません。

また、ヨーロッパの舞台も用意されています。主人公はソ連軍の兵士で、スターリングラード、モスクワ、ベルリンにて、ドイツ軍と戦っていきます。ドイツ軍によって仲間がほとんど全滅してしまった状態で始まるスターリングラードでの反抗戦は、手に汗握りながらも楽しかったですね。

戦車や戦闘機も操作できるので、さまざまなシーンを楽しめることでしょう。字幕なしの英語なので最初は戸惑いましたが、操作は他のコールオブデューティーと同じなので、すぐ慣れるかと思います。18禁で凄く残酷なゲームですが、戦場のリアリティを体験できるこのシリーズ、名作の部類に入るのではないでしょうか。

COD-waw-1

字幕があれば最高なのですが・・・。

COD-waw-2

「貴様は強くない」と日本軍に拷問を受けているところからスタートです

COD-waw-3

ノーマルモードでプレイしているのですが、手榴弾を食らうと即死です。





黄昏

9 08 2013

沈みゆく夕陽を感動的に見ている子どもたちをパシャリ。長男はまだ分かっていないものの、長女と次女は「キレイ―!」とつぶやきながら、しばらくその風景に見とれていました。

tasogare

確かに夕暮れ時の風景っていいですよね。





ラーメン屋巡り 156食目

8 08 2013

赤道

別のラーメン屋を探していたのですが、見つからず、このラーメン店へ。14時近かったこともあり、先客は0。ラーメンの大盛り・炒めネギ入りを注文。背脂、醤油、野菜、ニンニクの量は選べるとのことだったので、ニンニクは入れず、野菜を多めに。10分ほどで着丼。凄まじいボリュームにびっくり。大きめの丼にびっしりと入った麺、溢れんばかりの野菜、チャーシューの他に炒めた豚肉がゴロゴロ。パンチのあるスープはなかなか美味い。醤油の味が少し強めかなと。麺の味は普通でしたが、モッチリとして凄くお腹にたまります。薄切りで大きいチャーシューは可もなく不可もなくといった感じでしたが、野菜はシャキシャキで◎。特に若干スパイシーのネギがクセになる味でしたね。それにしてももの凄いボリュームで、1/3ほど残してしまいました。これなら普通盛りで充分だったかも。それにしても、店員がうるさかった。親子なのでしょうか、店主とおばちゃんの声が大きくて、特に「ガハハハ」という笑い声が絶えまなく聞こえ、さすがにちょっと不愉快でした。

sekidou-1

席はカウンターのみです。

sekidou-2

コスパは凄く良いラーメンです

地図・店情報はこちら





ドラえもん「のび太のひみつ道具ミュージアム」

7 08 2013

今年の春に公開されたドラえもん「のび太のひみつ道具ミュージアム」が、南越谷の小劇場(サンシティ)で公開されていたので観に行きました。公開からだいぶ経っていることもあり、通常の映画よりも安く見られてお得です。子どもたちにとって、初めての映画館で、どんな反応をするかも楽しみでした。

周りが暗くなり、次女は多少不安がったものの、すぐ慣れたようでした。ドラえもん好きの長女は早くもスクリーンに釘づけ。怖がりの長男は暗さと大音量にビビって大泣き。仕方なく嫁が長男を連れて外へ、と思いきや、後で次女をトイレに連れて行く時、嫁と長男は後ろの方でしっかり見ていました。次は最初から大丈夫かな・・・。

映画はストーリーもしっかりしていて、結構面白かったです。自分らが子どもの頃観たドラえもんと違い、笑いを取る場面が凄く多いなと感じました。昔は、ハラハラドキドキしながら観ていた気がします。自分が初めて観た映画はドラえもん「のび太の魔界大冒険」。そして我が子らの初めての映画もドラえもん。世代を超えて愛されるドラえもん、凄いですね。

himitsunodougumusium

初代どこでもドアの大きいこと・・・。