ダッチオーブンで料理:ポークジンジャー

23 05 2013

ご飯のおかずにぴったりなポークジンジャーをダッチオーブンで作ってみました。

材料は豚モモロース6枚、カットパイン(小)、ニンニク5片、ショウガ適当(親指の第一関節くらい)、醬油100ml、塩、コショウ。

まずは豚モモに塩コショウを万遍なく擦り込む。パインとショウガ、ニンニクを擦りおろし、醬油を加える(A)。大きめのボールやバットなどに豚モモを並べ、(A)に漬け込む。一晩くらい浸けるのが理想らしいですが、自分は昼前に下ごしらえし、夕食に作ろうと思っていたので、だいたい5時間くらいでしょうか。途中で引っくり返し、均等に味が染み込むように。パインは、肉を柔らかくする上、甘みを引き出してくれるとのこと。焦げ付き防止用としてダッチオーブンの底にアルミホイルを敷き、底網を設置。そこに肉を並べます。10インチなので、3枚ずつ焼く感じになりました。中火くらいで両面焼いたら、次の3枚も同様に。焼き上がったら底網とアルミホイルを取り出し、タレを投入。しかし予想通り、「ジュー!」という凄まじい音が・・・。一瞬にして煮えあがりました。その中に肉を入れてタレに絡めて完成。ただ、微妙に焦げ臭くなってしまいました。タレはフライパンを使って温めれば良かった・・・。ダッチオーブンにこだわりすぎました。

子供達が食べやすいように包丁でカット。残ったタレもかけたのですが、ちょっと濃くなってしまったので、後でどかしました。でも味はバッチリでした。ショウガとニンニクの香りが食欲をそそり、肉も柔らかくて美味かった。パインをもう少し入れてさらに漬け込めばもっと柔らかくなったかな・・・。子供達、特に末っ子の長男がバクバク食べてました。自分もご飯をおかわりして食べましたが、6枚はちょっと多かったか、1枚分くらい残ってしまいました。そこで肉をさらに細かくして、次の日の朝食で作ったチャーハンに入れたら、これも好評でした。少し及第点もありつつ、なかなか美味かったので良かったです。次は何を作ろう・・・。

ダッチオーブンは、タレ作りには不向きかもしれません。

ダッチオーブンは、タレ作りには不向きかもしれません。

擦りおろしたパインやショウガをかけるとかなりしょっぱくなってしまうので、外した方がいいです。

擦りおろしたパインやショウガをかけるとかなりしょっぱくなってしまうので、外した方がいいです。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。