近所の田んぼで見かけたカルガモ

28 05 2013

朝、次女と長男と散歩をしていたら、長男が「アモ」と言って田んぼを指差しました。そちらを見ると、カルガモが1羽、畦道でくつろいでいました。1歳の長男も少しずつ話せるようになってきたな〜。田植えも始まり、白鷺やツバメが餌をついばみにきたり、カエルの合唱が聞こえてきたりと、季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

近所のこんな光景を見ると、心がホッとします。

近所のこんな光景を見ると、心がホッとします。





小学校の運動会2013

27 05 2013

昨日、長女が通っている小学校の運動会がありました。天気も良く、運動会日和でした。今年で2回目。長女が出場する種目は、午前中は50m競争、ダンス、全生徒で踊る越谷音頭。午後は応援合戦、大玉ころがし、全生徒でやる大玉送りでした。今年も長女は赤組。昨年は優勝しましたが、今年はどうかな・・・。

まずは50m走。昨年はビリでしたが、今年は2位でゴール。頑張った!ダンスはきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」。みんなの息が上手く合っていて、さすがに、去年より上手でした。越谷音頭も見たかったのですが、次女や長男の相手をしていて見られませんでした。まあ、しょうがない。去年は見られたし、良しとしましょう。

午後の大玉ころがしは、2年生のクラス対抗で、3人1組のリレー方式。長女は真ん中だったのですが、スキップっぽいステップで、何か面白かったです。残念ながら、赤組はビリでした。最後の大玉送りは、1年生から6年生まで、みんなで力を合わせて行っていました。赤組は見事1位。そして総合優勝も決めました。おめでとう!

今年は日曜開催にも関わらず、金曜日の夜から場所取りをしている人が多数いてびっくりしました。我が家は昨年と同様、ご近所の家族達に混ぜてもらったのですが、先に場所を確保してくれたおかげで、良い席で見ることができました。感謝感謝です!そして、かなり日焼けをして体がダルイ・・・。

最後の大玉送りのスタート直前の様子。どこに長女がいるのか分かりません。

最後の大玉送りのスタート直前の様子。どこに長女がいるのか分かりません。





母の日の似顔絵

24 05 2013

近所のスーパーで「母の日似顔絵」を募集していたので、長女と次女が描いて提出しました。あいにくスーパーで展示しているのを見ることはできませんでしたが、先日賞状と一緒に描いた絵をもらったそうなので、記念にパシャリ。父の日も描いてくれるかな。

3歳の次女と7歳の長女が描いた似顔絵。心温まります。

3歳の次女と7歳の長女が描いた似顔絵。心温まります。





ダッチオーブンで料理:ポークジンジャー

23 05 2013

ご飯のおかずにぴったりなポークジンジャーをダッチオーブンで作ってみました。

材料は豚モモロース6枚、カットパイン(小)、ニンニク5片、ショウガ適当(親指の第一関節くらい)、醬油100ml、塩、コショウ。

まずは豚モモに塩コショウを万遍なく擦り込む。パインとショウガ、ニンニクを擦りおろし、醬油を加える(A)。大きめのボールやバットなどに豚モモを並べ、(A)に漬け込む。一晩くらい浸けるのが理想らしいですが、自分は昼前に下ごしらえし、夕食に作ろうと思っていたので、だいたい5時間くらいでしょうか。途中で引っくり返し、均等に味が染み込むように。パインは、肉を柔らかくする上、甘みを引き出してくれるとのこと。焦げ付き防止用としてダッチオーブンの底にアルミホイルを敷き、底網を設置。そこに肉を並べます。10インチなので、3枚ずつ焼く感じになりました。中火くらいで両面焼いたら、次の3枚も同様に。焼き上がったら底網とアルミホイルを取り出し、タレを投入。しかし予想通り、「ジュー!」という凄まじい音が・・・。一瞬にして煮えあがりました。その中に肉を入れてタレに絡めて完成。ただ、微妙に焦げ臭くなってしまいました。タレはフライパンを使って温めれば良かった・・・。ダッチオーブンにこだわりすぎました。

子供達が食べやすいように包丁でカット。残ったタレもかけたのですが、ちょっと濃くなってしまったので、後でどかしました。でも味はバッチリでした。ショウガとニンニクの香りが食欲をそそり、肉も柔らかくて美味かった。パインをもう少し入れてさらに漬け込めばもっと柔らかくなったかな・・・。子供達、特に末っ子の長男がバクバク食べてました。自分もご飯をおかわりして食べましたが、6枚はちょっと多かったか、1枚分くらい残ってしまいました。そこで肉をさらに細かくして、次の日の朝食で作ったチャーハンに入れたら、これも好評でした。少し及第点もありつつ、なかなか美味かったので良かったです。次は何を作ろう・・・。

ダッチオーブンは、タレ作りには不向きかもしれません。

ダッチオーブンは、タレ作りには不向きかもしれません。

擦りおろしたパインやショウガをかけるとかなりしょっぱくなってしまうので、外した方がいいです。

擦りおろしたパインやショウガをかけるとかなりしょっぱくなってしまうので、外した方がいいです。





相撲観戦の土産

22 05 2013

嫁のお父さんが相撲好きで、たまに相撲を見にいっているとのこと。で、「現地でもらうお土産はとても多い」とお父さんから聞いていたのですが、昨日行ってごっそりお土産一式を持ってきてくれたそうです。(自分が帰宅した時、嫁に聞きました。)早速見てみると、凄い量です。幕の内弁当、やきとり、そら豆、チョコレート、おかきせんべい、あんみつ、甘栗、海苔2缶。一回の観戦でこんなにもらえるんですね・・・。

当然、夕飯はこのお土産。幕の内弁当とやきとり、そら豆です。幕の内弁当は2段になっていて結構なボリューム感。そら豆はこの時期ならではですかね。ビールのつまみにぴったり。そしてやきとりが一番美味かった!内容はやきとりとつくねが各5本ずつで、かなりのボリューム。特につくねが美味い!やわらかくて肉の旨味が凝縮されていました。なんでも国技館の地下でやきとりを焼いているとか。う〜ん、美味い!

あと角力チョコレートを少し食べましたが、チョコが力士や行司の形をしていて面白いです。相撲ならではのお土産、本当に嬉しかったです。ごっつあんです!

sumoumiyage

左上からおかきせんべい、甘栗、海苔、あんみつ、幕の内弁当、やきとり、そら豆、チョコレート。圧巻のお土産の量です。





防災学習センター

20 05 2013

大地震などがあった時のために一度行ってみようということで、鴻巣市にある防災学習センターに行ってきました。地震や暴風などを無料で体験できるので、一回は訪れるべき場所だと思います。

ガイドが一人ついてくれて、1時間近くかけて案内してくれます。まずは館内案内の映像を見た後、展示ルームへ。自分らは、我が家の5人と、父・子2人の家族、小5の女子2人のグループでまわりました。

最初の体験は震度7の地震。頑丈な手すりに4方囲まれたスペースで地震を体験します。最初に我が家以外の人達が体験したところ、凄い揺れと音に次女がびびりまくり、「怖いから嫌だ」ということに。仕方なく、長女と長男と自分の3人で体験することにしました。自分は長男を片手に抱いてもう一方の手で手すりを掴む格好でしたが、凄まじい揺れでした。何かに捕まっていないと本当に倒れてしまいます。ガイドの方にも教わりましたが、「とにかく自分のことを守る」ことが大事、というか、それ以外のことをやろうとすると、本当にパニクると思いました。また、倒れそうな家具は出来る限り固定しないとヤバいと感じました。日頃からの対策が大事ですね。

次に体験したのは煙。火事になった際に一番怖いのが煙。温度は1000度くらいに達してしまうそうで、プラスチック製品等がどんどん石油化し、一酸化炭素が発生するとのこと。そこで、煙(もちろんニセモノ)の中を、姿勢を低くしながらハンカチで口を押さえ、出口に向かうミッションを行いました。我が家から挑戦。長女が先頭、次女と嫁、最後尾に長男と自分という隊列で進みました。外からセンサーで見ることができるらしく、前半は姿勢低く良かったものの、後半が今イチだったそうです。煙は時間が経つにつれて濃くなるもの。最後まで気を抜かないことが大切です。

次は、暴風を体験。小1以上という制限があったため、自分と長女の2人が体験することに。超大型台風などの風速30mを体験しましたが、メガネや帽子などは飛ばされる危険があるので、事前に外し、バックも置いて手ぶらで挑戦です。3段階に分けて風を送ってきましたが、最初の15mでもかなりの強さでした。まして30mなんて・・・。とても顔を上げられません。しっかり手すりに掴まっていないと危険です。というか、風速30mあった時は、絶対外に出てはダメですね。

最後に消火器体験。皮膚を切る危険があるので、小3以上限定。自分と嫁が交代で体験することに。消火器の使い方を教えてもらった後、実際にモニターに映し出された火を消火器(中身は水)で消します。ゲームみたいで楽しかったです。

本格的な装置を使って無料で体験できるので、本当に1回は行ってみるべき場所だと思います。長女にとっても貴重な体験だったらしく、何度も感想を言っていました。自分も良い体験を出来たと思いますし、また下の子らが大きくなったら訪れたいと思いました。

自宅から1時間半くらいかかりますが、来た価値は十分ありました。

自宅から1時間半くらいかかりますが、来た価値は十分ありました。





イチゴ栽培

17 05 2013

子供がイチゴ好きということもあり、嫁が苗を買い、家で育てています。当初は縁側で育てていましたが、鳥に食べられてしまったことをきっかけに、出窓へ移動。小さいため、食べられても1日1〜2個くらいで、子供達で分け合って食べているそうです。自分も一口だけもらいましたが、なかなか甘くて美味しかったです。既に15個近く食べているそうで、未だにちょこちょこ実がなっているので、元は取れそうかな・・・。

たまに子供が水やりをしているそうです。

たまに子供が水やりをしているそうです。