大東亜興亡史〜ニイタカヤマノボレ一二〇八〜 その11

12 04 2013

南部仏印進駐

貴重なフランス軍との戦い。敵部隊が生産される前に速攻撃破する方法もあるそうですが、経験値を貯めるべく、地道に戦いました。特に難しいことはないと思いますが、後半敵の根拠地に迫るにあたり、飛行場が遠いのが難点でしょうか。兵站が伸びてしまうため、なかなか思うように進めませんでした。まあ、最後は根拠地爆撃で大勝利を収めましたが。

コタ・バル上陸戦

海上の根拠地と海軍基地から上陸する作戦。敵はイギリス40部隊、インド25部隊。まず気をつけなければならないのは40部隊しか出せないこと。なるべく計画的に出撃させましょう。敵戦艦も1隻いるので、自分は戦艦2隻と戦闘機/攻撃機6部隊を満載させた空母2隻が出撃。いきなり敵航空部隊がわんさか襲ってくるので、速攻撃破。次に、すぐ南にある海軍基地と飛行場、そして西にある陸軍基地を占領するわけですが、天気が変化しやすいこのマップ、いつ晴れるか運だめしですね。このマップでは、できれば陸揚げ船「蒼空」があると便利かもしれません。そして、ついに中戦車を一式戦車に進化できるマップでもあります。自分は10部隊くらい進化させました。ここも空軍の兵站を確保することが難しいですが、南東にある簡易飛行場が一番占領しやすいかと思います。ただ、英軍と印軍の戦闘機「ハリケーン」は強いので要注意!20ミリ機銃を装備しているので、零戦と互角以上でわたりあいます。実際二一型の一部隊が壊滅してしまいました。そこで、空軍に関しては、現状の精鋭部隊を出撃させた方がいいです。序盤は艦載機が必要であるため、零戦も何部隊か出撃させましたが、二二型や三二型がメインですね。後は紫電改4部隊、流星改5部隊、試製流星1部隊と、燃料が豊富な部隊を主体にしました。それでもハリケーンには結構悩まされましたが・・・。インドの根拠地付近にある飛行場を占拠できれば、あとは楽勝でしょう。自分はインド根拠地を占領しつつ、イギリス根拠地には流星改で爆撃。目標機嫌の半分以下でクリアできたので「大勝利」かと思いきや、なんとただの勝利。やりごたえのありそうなシンガポールには行けず、フィリピンへ。かなりガックリきましたが、仕方ない、気をとりなおすとするか。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。