大東亜興亡史〜ニイタカヤマノボレ一二〇八〜 その4

31 01 2013

ミッドウエー海戦

日本敗戦への大きな転換となったといわれる、海戦ですね。マップはほとんど海。配置可能部隊数は、日米ともに100を超えているので、一大決戦を予感させます。西端が日本列島、そして東端がミッドウエーになってます。日本軍としては南のサイパンからか、あるいは事実通り北海道からの2つの進撃路がありますが、アッツ島にある敵海軍基地は手中に収めておいた方が良いと思い、北の針路を採りました。マップが広大なため、しばらく敵と遭遇しません。2日目くらいから策敵をはじめると、駆逐艦や巡洋艦がチラホラ見え始めます。航空機の消耗を避けるため、敵の砲弾や魚雷が届かない位置から攻撃。戦艦の主砲と長距離の攻撃が可能な重巡洋艦の魚雷が大活躍。毎ターン3〜4隻ずつ撃沈させるも、何部隊か北海道まで辿り着いてしまいました。ただ、駆逐艦では占領できないので、北海道でうろついている敵を追っかけ、轟沈。アッツを占領した後は、負傷部隊を回復させ、いよいよ南下。ただ、ミッドウエーまでかなりの距離がありますので、根拠地占拠は恐らく無理でしょう。攻撃機による爆破ですね。さすがにミッドウエーに近づくと、敵航空部隊が次々と襲ってきます。敵戦闘機は耐久性・攻撃力が共にあるので、零戦で一蹴というわけにはなかなかいきません。そこで、艦船による間接攻撃で数を減らしてからトドメを零戦が刺すという形をとりました。部隊数を補充できる飛行場が途中にないので、なるべく消耗させないことがポイント。敵航空隊による波状攻撃が収まったら、飛行場から敵が出て来ないように、敵飛行場上で蓋をしながら、晴天を待って、攻撃機による爆撃です。ここのマップは、敵の数も多いので、とにかく敵より先に敵を発見することが大切。多くの水上偵察機を戦艦や巡洋艦に搭載すると良いと思います。ただ、水上偵察機は艦上戦闘機/攻撃機と異なり、母艦に着艦しても燃料の補給がされないので、むやみやたらと策敵させられないですね。





ラーメン屋巡り 144食目

30 01 2013

東麺房

チェーン店の中でも、「ねぎやみつきラーメン」など、なかなか惹かれるメニューがあったので、訪れてみたところ、「ねぎやみつき」がなーい!かなり凹みました・・・。まあ、気を取り直して「味噌ラーメン」を注文。7分ほどで着丼。具沢山で良い感じです。香りも食欲をそそります。味は、まさに中華料理屋で食べる味噌ラーメン。突飛とした美味さはないものの、安心できる味わいです。麺はモッチリとしてよい感じです。チャーシューは今ひとつでしたが、他の具材が沢山入っていて、テンション上がりました。味噌ラーメンに合いますね〜。体も温まるし、寒い日に味噌ラーメンはいいですね。

以前、安いラーメン屋があった所にあります。

以前、安いラーメン屋があった所にあります。

偉そうですが、チェーン店にしては美味い部類に入ると思います。

偉そうですが、チェーン店にしては美味い部類に入ると思います。

地図・店情報はこちら





大東亜興亡史〜ニイタカヤマノボレ一二〇八〜 その3

29 01 2013

ポートモレスビー攻略戦

歴史上で有名な珊瑚海海戦でしょうか。日本軍はガダルカナルとラバウル方面から攻略します。ただ、海軍基地は東のガダルカナルにしかないので、ここから全軍で攻めます。今回も相手はアメリカとオーストラリアの2カ国。ガダルカナルを出航すると、いきなり敵艦隊に出くわすので、空母・戦艦・巡洋艦と、しっかりした編成で臨みたいところ。今回の出撃部隊数が65ということもあり、前回の教訓を生かし、巡洋艦3隻も出撃させました。ちなみに、いきなり敵援軍という不意打ちを食らいますので、前に進みすぎないよう注意。まずは、中間地点にあるブーケンビルを制圧しましょう。ここの海軍基地は重要です。というのは、飛行艇部隊にとって、ここから発進できなければ、ポートモレスビーのあるニューギニア半島に届かないからです。それでもギリギリなので、半島東にパラシュート降下させ、飛行艇は海上へ避難させるのが精一杯ですが・・・。ニューギニア半島では案の定、敵潜水艦が待ち受けていますので、巡洋艦の魚雷で撃破。半島は上下を山脈と川で区切られており、まずは北部にある海軍基地、陸軍基地、簡易飛行場を制圧。悲しいことに、悪天候により飛行艇兵1部隊が川に流されて全滅してしまいました・・・。海軍基地を占拠した後には、騎兵隊を搭載したトラックと工作車が乗った特設輸送艦を入港させ、占拠部隊として出撃。陸軍基地に戦車等を配備したのですが、敵根拠地のある半島南部には進めませんでした・・・。そこで、歩兵部隊が溺れないように工作車で橋を作り、占拠部隊が南下。当然、敵根拠地から戦車や歩兵がうじゃうじゃ出て来るので、零戦部隊や攻撃部隊で援護射撃。数が物を言う総力戦になるので、休む間もなくどんどん飛行部隊を出撃させましょう。戦艦や巡洋艦を半島南に回して援護するのもいいと思います。敵潜水艦も多少いることだし。結果、見事大勝利することができ、次回は、かのミッドウエー海戦です。





ラーメン屋巡り 143食目

28 01 2013

麺屋 一

腹が減ったので、がっつり食べられそうなラーメン店へ。ここの野菜ラーメンが人気とのことなので、野菜ラーメン大盛り(無料)を注文。10分ほどで、野菜炒めがどーんと乗った丼が到着。これは食べ応えがありそうです。醬油ベースのスープは、コクがあって奥深さを感じさせるものでありながら、野菜炒めの黒胡椒が効いていて、かなりスパイシーに。辛いものが苦手な人にはあまりお勧めできないかもです。麺はモッチリとした太麺でコシがあって美味い。野菜炒めの中に入っている細切れのチャーシューもなかなかでした。肝心の野菜炒めもシャキシャキで美味かったのですが、いかんせん味が濃すぎな感じです。あと、店が狭いためか、テーブルに「食べ終わった丼はこちらに置いてください」と書かれていたり、濡れ布巾がテーブルに置いてあって食後に客が拭くという、店員はカウンターから一切出ないスタイルでした。狭いとはいえ、ちょっと残念かな。まあ、その分大盛り無料ということなのでしょうか。

ちなみに、大盛りを完食した直後は「もう少し食べられそうだな」とい思いましたが、だんだん腹が膨れて来て、「もう食えん」という状況に陥りました。

hajime-1

カウンターのみで、かなり狭いです。

スパイシーすぎて、あまりスープを飲めませんでした。

スパイシーすぎて、あまりスープを飲めませんでした。

地図・店情報はこちら





ラーメン屋巡り 142食目

25 01 2013

雷鳥

昨年茅場町にオープンしたラーメン店。サンダーバードと読みます。結構人気らしく、雑誌などでも紹介されているそうです。13時過ぎに来店したのですが、満席で5分程待って入店。メニューは1号から4号まである中、今回は1号のあっさり系を注文。奥久慈しゃもを使っている醬油ベースのラーメン。スープを飲むと、鶏というよりむしろ鰹系の味がジュワッと広がります。体に優しい感じがしますが、ラーメンのスープというより、うどんっぽい感じも。自家製麺も中太で丸みを帯びている感が、ますますうどんっぽい。どーんと大きいチャーシューは、旨味がにじみ出て来て、良い感じの噛み応えで◎。太めのメンマをはじめ、他の具材は至って普通でしたが、ほんのりした味わいでなかなか美味かったです。ただ、やっぱりうどんっぽい。

路地裏の、少し分かりづらい所に立地しています。

路地裏の、少し分かりづらい所に立地しています。

何度もくどいですが、うどんっぽいラーメンです。

何度もくどいですが、うどんっぽいラーメンです。

地図・店情報はこちら





大東亜興亡史〜ニイタカヤマノボレ一二〇八〜 その2

24 01 2013

キャンペーンマップをもう一つクリアしたので、昨日に引き続き投稿します。

ニューギニア/ラエ上陸戦

敵はアメリカ軍とオーストラリア軍の連合軍。このマップは、2カ国を相手に戦わなければなりません。部隊数は日本25に対し、アメリカ25とオーストラリア20の、計45部隊。数で負けていますので、精鋭部隊をもって効率的に倒したいところです。戦車も成長させたいところですが、艦船と航空機のみで精一杯です。というか、陸地があまりないので、海空軍が活躍しなくてはなりません。他の大戦略シリーズと一線を画した、太平洋戦争ならではの戦い方が必要ですね。敵は西の陸軍基地/飛行場と、南東の海軍基地があり、両方確保しておきたいところですが、兵力を分散するのは危険だと思い、自分は敵の根拠地にも近い西に全軍で向かいました。もちろん、根拠地は空なので、不意打ちを食らうとアウトですが・・・。半島に向かう途中から敵航空機が迎撃してきますので、飛行艇を庇いながら確実に迎撃していきます。沿岸には敵陸軍が待ち受けていますので、これを一掃してから飛行艇を上陸地点へ。陸軍基地や飛行場は危険なので、少し離れたところで、パラシュート降下させました。ちなみに、自分は陸軍は歩兵2部隊のみだったため、敵がいきなり陸軍基地から現れるのを恐れ、陸軍基地は2つとも破壊してしまいました。無事占領/破壊できたら、半島中部のオーストラリア陸軍基地も占拠。この勢いで敵根拠地へ占拠に向かいたいところですが、山に囲まれているため、歩兵が行くのは厳しい。そこで活躍するのが800キロ爆弾を装備した攻撃機。晴天時に根拠地を次々と爆撃していきましょう。自分は、攻撃機6部隊で波状攻撃。ただし、攻撃機は爆弾を落とすと丸裸になってしまうので、戦闘機の護衛も忘れずに。両軍の根拠地を破壊できれば、勝利です。ところで、このマップにおいて自分は巡洋艦を出撃させなかったのですが、これにより、少し辛い思いをしました。終盤、敵の潜水艦が現れたのです。海中用の魚雷を積んだ部隊がいなかったので、逃げ回ることになりました。何とか無傷で済みましたが、次にこのマップを戦うときは、忘れないようにしないと・・・。





大東亜興亡史〜ニイタカヤマノボレ一二〇八〜 その1

23 01 2013

大戦略好きの自分が、太平洋戦争を扱った「大東亜興亡史」をプレイしたいとずっと思っていたところ、年末にPCソフトの廉価版を見つけたので、即買い。長い時間をかけてプレイしそうな気がします。

早速パッケージを空けたのですが、なんと説明書がない!?そこで、攻略サイトを参考にしようとしたのですが、あまりにも少ない。なので、試行錯誤しつつプレイをしているのですが、難しい!まず、日本軍が弱い。特に戦車が脆弱すぎる。しっかり特徴を掴んだ上でプレイしないと、大変なことになりそうです。ということで、自分のプレイ記を何回かに分けて記載したいと思います。自分の備忘録も兼ねつつ、攻略参考の一つになれれば幸いです。ちなみに、自分は以下の攻略サイトを参考にさせてもらい、プレイしています。進化表は、絶対にココを参考にした方がいいです。進化の枝分かれが凄い・・・。

http://homepage3.nifty.com/li-chu/Niitaka/DaiNiitaka.html

日本軍・米軍ともにプレイできますが、もちろん日本軍でプレイしています。このゲームにおいて重要なのは、いかにして味方ユニットを「全滅させないか」。それにかかっています。兵器のレベルが☆になると進化させられるので、とにかく安全に敵を倒していくことが成功につながります。使う兵器も限られてくると思います。自分は現在、ニューギニア/ラエ上陸戦をプレイしていますが、主戦力は以下の通りです。

・陸軍:九七式中戦車、九二式カノン砲、重兵装騎兵、空挺兵(乙)(九一式一号飛行艇とセット)

・空軍:零式艦上戦闘機二一型、九六式艦上攻撃機

・海軍:戦艦扶桑、空母赤城、重巡洋艦最上

他、トラックや輸送車、油槽艦など。

では、いよいよクリアしたマップについて、ざっと解説(?)したいと思います。

キャンペーンの順路。結果によって次のマップが分岐します。

キャンペーンの順路。結果によって次のマップが分岐します。

張鼓峰事変

スタートの状況を見ても分かるように、練習代わりの簡単なマップ。ここで、少しでも戦い方のコツを感じておきたいところ。初期から何ユニットか配置されていますが、少し兵器を生産してから進軍した方がいいです。(生産完了まで何ターンか必要になるので、注意が必要です。)対ソ連なのですが、陸軍のみの戦いです。ここで注意したいのは、日本の初期戦車はとにかく弱いということ。しかし、成長すればそれなりに強くなるようなので、まずは反撃を受けずに遠くまで攻撃できるカノン砲で相手戦車の数を減らしてから、トドメに戦車で攻撃するパターンがいいかと。そして、生き残ったユニットは次のマップの1ターン目に配置できるので、少しでも多く生産が完了してからクリアするのがいいかと思います。

第一次ノモンハン事件

引き続き、陸軍のみの対ソ戦。まだ有利な状況から始められますが、日本陸軍自体が弱いため、油断はできません。前半は鉄橋よりこちら側での戦いになります。逆にここを乗り切れば、後は楽かと。戦車を盾代わりにしてカノン砲で迫り来る敵をバンバン倒しましょう。ちなみに、カノン砲や自走砲は、変形しないと攻撃できないので、注意。弾切れにならないよう、補給車も忘れずに。くれぐれも、まともな戦車戦はしないように。それだけ気をつければ勝利は間違いないでしょう。

第一次ノモンハン事件(その後)

このマップから、飛行機も生産できるようになります。初期において零戦は、すごーく頼りになるので、最低でも4ユニットは生産したいところ。20ミリ機銃は、相手飛行機にも陸軍にも脅威です。また、攻撃機/爆撃機に関しては、九六式艦上攻撃機のみ生産。後々、超強力な流星に化けるとのことなので、爆弾1発のみで弱いですが、頑張って成長させます。まずは、零戦が配置されるまでの数ターンは我慢です。ちなみに、日本の対空砲は激弱だそうです。中央付近にある飛行場(簡易)を死守できるかが、一つのカギになるでしょう。前マップの戦法を守りつつ上手く切り抜け、何とか戦車の1ユニットも全滅に陥らないよう、頑張るべし。待ちに待った零戦部隊が登場すれば、あとはこっちのもの。敵航空機や陸軍を一掃し、できれば弱り切った敵部隊のトドメを戦車で行いたいですね。それにしても八九式中戦車は、2マスしか進めないし、敵戦車には歯が立たないし、弱すぎです。早く進化させたいです。

第二次ノモンハン事件

最初に断っておきます。初めてこのマップをプレイする時は、絶対勝利できません。まず、このマップには前マップのように中央の飛行場がないので、敵根拠地まで零戦が届かない。行きはギリギリ辿り着けますが、帰りに燃料切れで墜落します。さらに、陸軍だけで根拠地へ進軍すると、待ち受けていた敵航空部隊がうじゃうじゃ出て来て、返り討ちに遭います。自分も試しにやってみましたが、悲惨な結果でした。「肉を切らせて骨を断つ」戦法でいけば、何とか勝利することもできるかもしれませんが、かなりの部隊が全滅すると思いますので、ここは引き分けに持ち込むのが得策です。今回は中央付近にある陸軍基地を死守できるかが、ポイント。序盤は敵が猛攻をかけてきますが、ここは成長のチャンス。航空部隊のサポートを受けながら、陸軍基地付近で待ち受けて一つ一つ叩き潰しましょう。鉄橋やその付近の都市は獲ったり獲られたりになると思いますが、あまり深い追いせず、進軍には大部隊で臨みましょう。敵は残り10ユニットくらいになると、根拠地付近に引っ込んでしまいます。で、根拠地付近の橋を渡ると「待ってました」とばかりに敵航空機が飛んでくるので、その状態になったら進軍せず、終了日時が来るまでひたすら「何もせず」です。開始早々、わざと負けるという方法もありますが、弱いユニットを成長させるため、頑張って戦い抜いた方が良いと思います。

関東特殊演習

一見簡単そうに思えますが、意外と難しいマップです。上下に部隊を分けて進軍していく形になりますが、前半の山場は敵根拠地南にある陸軍基地占拠まで。山の合間を塞ぎながら進軍していくのですが、くれぐれも策敵を怠らなきよう。陸軍のみのマップなので、偵察車「陸王」で敵を発見しつつ、進軍すべし。策敵を怠ると、思わぬ所から敵が現れ、逆にこちらの陸軍基地が占拠されてしまうことも。頑張って陸軍基地を占拠できたら、いよいよ北東部にある根拠地を目指しますが、現状のままだとカノン砲が進めないので、工作車で塹壕を掘りながら、少しずつ切り開いていき、そこにカノン砲を配置して攻撃していきましょう。この辺りから戦車部隊を進化させることができる(進化できる場所は陸軍基地か根拠地のみ)と思います。九七式も弱いですが、3マス進めるようになるし、かなりストレスから開放されると思いますよ。

フィリピン攻撃

ついにアメリカ軍と対決。ここは事前の準備が大切。戦闘開始前に空母2隻ほど生産しておき、航空機を満載状態にしておくこと。戦闘開始前の画面で生産すれば、すぐに生産が完了されます。また、自分は護衛用という意味も込めて戦艦と重巡洋艦も各1隻ずつ生産しました。開始時は根拠地のみですが、すぐ傍の海軍基地を占領し、艦船部隊を配置します。その後、敵根拠地の北にある飛行場をいかに早く占拠できるが一つのカギになると思います。あとは、普通に攻略できるかと。ちなみに、このマップは99部隊まで配置できる上、予算も多いので、資金が貯まったら艦船を購入しておくと良いと思います。さらに、都市の数も多いので、占領部隊や攻撃機を成長させるチャンス(攻撃機は晴天時に都市を800キロ爆弾で爆撃することで、経験値が貯まるので、余裕ができてきたら、爆撃したいですね。)。ぜひ、生かしましょう。

パターン半島攻略戦

飛行艇と空挺兵が初めて活躍するマップ。と言っても、飛行艇は飛行場に着陸できないのが難点。でも、海上にいれば墜落することはないので、空挺兵をパラシュート落下させたら、海に逃げましょう。まずはマップ中央南の島の飛行場を占拠。間を置かずにそのすぐ西にある根拠地を占拠しましょう。これで、後顧の憂いはなくなります。陸海空の本隊はずんずん北上。北部には敵根拠地近くまで飛行場がないので、空母が大活躍です。戦艦や重巡洋艦を護衛として湾のギリギリまで進みましょう。無防備な西の敵根拠地を占拠している空挺兵の援護も忘れずに。敵の根拠地は3つもありますが、北部に敵本隊を惹き付けておいて、なる早で西側の2つの根拠地を占拠すれば楽だと思います。このマップも生産可能部隊数と予算が多く設定されているので、艦船など、増やしておきたい部隊をどんどん生産しておくのがよいかと。

ちなみに、月初の新開発に関しては、予算的に全部開発するのは無理なので、とりあえず自分は必要と思われる戦車等の陸軍兵器や航空機のみに留めています。

また、攻略が進み次第、投稿します。

念願のWindows7対応です。

念願のWindows7対応です。

この時代に興味がある自分にとって、長くハマりそうな気がしてます。

この時代に興味がある自分にとって、長くハマりそうな気がしてます。