ラーメン屋巡り 114食目

18 04 2012

饗 くろ㐂

浅草橋と秋葉原の中間辺りに位置するラーメン屋。昨年オープンながら、非常に評価が高く、気になったので訪れました。ちょうど12時頃店に着いたところ、既に6人程外待ち。さすがだなと思っていたところ、先頭まで来たらいったん食券を買った後、再び外に出る感じらしい。食べてる人にとって、店内しかも食べてる後ろに並ばれると変なプレッシャーかかるから、このシステムは良い配慮かと思いました。20分ほど待ち入店。塩と味噌の二大看板だったのですが、今回は「塩」をチョイス。ワンタンも入っている「特製塩そば」を購入しました。

カウンター端にある乾物の瓶詰めや素材の説明文などを見ながら待つこと5分ほどでラーメン到着。昆布や焼きアゴ、サバ節などの魚介系と鶏のダシが合わさったスープは、琥珀色で芳醇な香りがします。鶏のコク深さと魚介のふわりとした香ばしさが見事にシンクロしていて、とにかく素晴らしい。特に魚介に関して、煮干や鰹節といった強い香りを発しているのではなく、それぞれの香りが上手く引き立つように按分している感じがします。ほのかでいて、しっかりした香りと味わいがあります。無添加ながら、素材の味がしっかり出ている上、塩加減も素晴らしい!このスープ、今まで食した塩スープの中で一番かも!麺は自家製麺で、細麺と平打ち麺から選べます。自分は平打ち麺を選択。つるつるとした舌触りとのどごしで美味い!コシもあり、いい感じです。チャーシューはワイン系の薫製でしょうか。少し香りが気になる方はいるかもしれませんが、さっぱりとしていて、柔らかくて弾力があり、この塩ラーメンに合っていると思います。ワンタンはエビのプリプリ感と挽肉の旨味がたまりません。他も半熟玉子やシャキシャキ青菜やネギなど、文句のつけどころがありません。これは、ヤバイ!まさに絶品です。卓上に塩ラーメンに合う「梅干しの粉末」があったので、少し入れてみましたが、これは入れるとしてもほんの少しがいいかもしれません。スープが完成されているので、梅干し粉末は下手したらマイナス要因になってしまうかもしれません。しかし、美味い!スープも飲み干し、心身共に超満足!店主の声もすがすがしいし、店内もキレイだし落ち着きます。このラーメン店、「味噌」にもかなりこだわっている感じなので、次は是非味噌を食してみたいです。

木の雰囲気が落ち着いていい感じです。

繊細なのにパンチがあり、上質なこだわりぬかれたラーメンです。

地図・店情報はこちら

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。