桃鉄2010

18 01 2012

長女と一緒にゲームをすべく、wii版「桃鉄2010」を購入しました。すごろくが好きになってきたことだし、子供と一緒にゲームをやりたかった自分は、むしろ長女よりワクワクしていたかもしれません。ちょうど廉価版「おすすめセレクション」になっていたし、いいですね〜。

購入したのが日曜の夜だったため、1週間眠らせておかなければなりませんでした。しかし、最近無性にテーブルゲームがやりたかったため、長女とプレイする前に、こっそり一人でプレイしてみました。・・・駅が凄く多い。また、独占都市によっては戦国・維新ヒーローが現れ手助けをしてくれたり、ボンビーの変身パターンが増えたりと、かなり要素が多くなっています。お決まりの100年コースでじっくりプレイしていますが、長女がやるには複雑すぎるかも。で、1週間後に長女とプレイした時は、まだそんなに高額物件が買うことができない「5年」コースにしました。これなら、オーソドックスな桃鉄に終始するかなと。特に序盤はサイコロ運に左右されるため、初心者でもプレイしやすいですよね。自分と長女、そして最弱コンピューターの3人プレイをしました。長女は凄くサイコロ運が良く、何度も目的地に到達。物件も自分のアドバイスをもとに(アドバイス通りに)購入してました。一方の自分は、スリの銀次に所持金全額奪われたりして苦しみつつ、徐々に資産を増やしていきましたが、結局長女の勝利で終わりました。勝てたのが大きいと思いますが、結構楽しかったらしく、「またやろうね!」とのこと。次は負けないぞ〜。

桃鉄って、たまに無性にプレイしたくなりますよね。

ヒーローを仲間にすることが一つのカギです。

9マス動くと大爆発を起こすボンビーも。恐ろしや〜。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。