いただきストリートwii

26 01 2012

いただきストリートシリーズは、DSで初プレイしたのですが、増資や株戦略にハマり、この度発売されたwiiバージョンを購入。まだツアーのドラクエステージしかプレイしていませんが、3Dマップもあるそう。見やすさとか、どうなのでしょう?ちょっと気になりますね。それにしてもこのゲーム、もちろん、コンピュータの強さもありますが、サイコロ運にかなり左右されます。プレイしていると、まるでコンピュータに有利なように働いているのではないかと思うほど。その対策(?)として、こちらもズルをし、リセットゲームをしながら勝利の味を噛み締めています。自分は下手なのだなと自嘲しながら。まあ、要は楽しめればいいのです。

DSバージョンと結構ステージが被っているのが残念。

増資しまくった店に敵が止まった時の嬉しさはたまらないです。





長女作 雪だるま

25 01 2012

昨日、長女が幼稚園帰りに、裏の空き地で雪だるまを作ったそうです。とても楽しかったらしく、1時間かけて10個ほど作ったとのこと。今度休日に、こんな機会があったら、自分も一緒にやりたいですね。

奥に小さく見えるものも長女が作ったもの





雪景色

24 01 2012

昨夜は雪降りましたね〜。自分が帰宅した時は雪まじりの雨でしたが、雨音が止まったかと思うと、しんしんと雪が降ってました。暗がりから外を見ると、積もった白い雪が見えました。昨日先生の許可が取れて今日から幼稚園に行くことができるようになった長女は、大はしゃぎ。上着持参で雪遊びをするそうです。いいなあ。一方の自分は凍った雪に足を滑らせないように出社。平日雪が降ると次の日は、本当に辛いっす。まあ、せっかくの冬ですから、季節を感じるために、ワンシーズンに何度かは降って欲しいですけどね。

我が家の裏の空き地も積もりました。休日なら雪だるまを作りたくなりますね。





ポセイドン

23 01 2012

カート・ラッセル主演のパニック映画。豪華客船が大波に襲われて転覆してしまう話です。晴れ渡った夜に突然現れた大波に巻き込まれ、そこからどうやって脱出するか。何人かで行動する中、一人ずつ脱落(?)していく様など、正直よくある展開であまり面白みがありませんでした。嵐でもないのに大波が来るの自体おかしな話ですよね。無理がありすぎる・・・。それに、最後の場面なんか、「アルマゲドン」を見ているようでした。「パーフェクトストーム」を手掛けた監督の作品だっただけに、結構期待していたのですが、かなり残念でした。

かなり残念な映画です。





水疱瘡

20 01 2012

長女が6歳を前にして水疱瘡にかかってしまいました。大抵の人は子供の頃罹るとされる「水疱瘡」ですが、やっぱり全身に出て痒がっている姿を見ると非常に可哀想になります。幼稚園にもしばらく行けませんし。で、いろいろ水疱瘡について検索をかけ、以下にまとめてみましたので、もし参考になれば。

(1)症状

発疹初期は、1~数個の発疹で、虫さされや汗疹に似ているので水疱瘡との区別がつきにくいですが、半日~1日経過すると、発疹は水疱になり薄い膜を張って中に水が溜まり、指で潰すと水が出てきます。水疱瘡にかかる半数の人が発熱します。感染力は強く、くしゃみや咳など口から空気感染してうつり、潜伏期間は2週間前後。罹った時では既に遅いかもしれませんが、マスクをさせるのも手かもしれませんね。感染すると伝染病なので学校や仕事は出席停止。発疹がでる1日前~全部の発疹が茶色いかさぶたになるまで計7日間かかるそう。どんな治療を行っても水疱ができて3~4日間は水疱の数が増えて大きくなるそうです。可愛そう・・・。また、早期発見が完治の近道みたいです。

(2)治療

まずは病院へ。感染力があるので、「水疱瘡かもしれない」と伝えると、隔離された場所で待たされます。ちなみに、嫁と長女は外で待たされたそう。専用の飲み薬と塗り薬が処方されます。塗り薬は擦り込まずに優しく触れて自然に乾かすのがいいそうです。

(3)生活

まず、全ての水疱がかさぶたになるまで外出はできません。子供にとって非常に退屈かもしれませんが、疲れは良くないそうなので、家で静かに過ごすことが大切。一番気になるのは入浴だと思います。これは自分もいろいろ検索してみましたが、風呂での感染は怖いですし、体を擦り洗いすることで、症状が酷くなってしまうこともあるそうです。なので、子供には可哀想ですが、かさぶたになるまでは風呂は入れません。体が温まると余計痒くなってしまいますしね。良くなってきた時も、最初はぬるめのシャワーでボディソープの泡を優しく付けて洗ったり、洗髪するに留めておいて方がいいかもしれませんね。といっても、清潔に保つことが大切なので、タオルで汗を優しく拭いたり、こまめに下着を取り替えるなどはしましょう。爪も引っ掻いてバイキンが入らないよう、短く切っておくことです。夏の暑い時期に罹ってしまった場合は、頭皮に汗をかいたらすぐに冷風のドライヤーでそっと乾かすなど、もう少し工夫がいるかもしれません。他、口内にできることもあり、これは口内炎のようなもので、娘も非常に痛がっていましたが、その際はスープやゼリー、お粥などを食すといいと思います。アイスも良いのではないかと。

自分は大人になって「帯状疱疹」に罹りました。空気に触れるだけで、全身に電撃が走るような痛みで、本当に辛かった。大人になって初めて水疱瘡にかかると、症状が重くなってしまうそうです。今長女は辛いでしょうが、この時期に罹って良かったと思ってます。次女や長男に感染る危険は高いですが、まずは早くよくなって欲しいです。





ラーメン屋巡り 107食目

19 01 2012

つばめ軒

北浦和駅西口の国道17号線沿いにある九州とんこつラーメン屋。博多系ラーメンを食すのは久々です。15時過ぎになってしまいましたが、15時までのランチサービス(半ライス無料)をいただくことが出来ました。麺の固さは茹で時間に合わせ、「ばりやわ(90秒)」から「粉落とし(3秒)まで計7種類。それにしても3秒って・・・。自分は「普通(45秒)」をオーダー。白濁スープにソーメンのような細麺。具はチャーシュー、きざみ万能ネギ、キクラゲと、これぞ博多ラーメンですね。若干臭みがありますが、コクがあるスープはまろやか。この軽くない感じが良い。かなり長時間煮込んだのだろうなあ。美味い!麺は想像通りですが、スルスルっと入るのどごしと食感、まさに博多!一気に食べられます。当然のごとく替え玉を注文。卓上に「秘伝のタレ」なるものがあったので、それをぐるりとかけてみたところ、とんこつと醬油ダレが上手い具合にシンクロして、これまた美味い!チャーシューやその他具材は特筆することはありませんでしたが、麺やスープと合っていていいですね。紅ショウガやゴマも入れたりして、なかなか楽しいひと時でした。博多ラーメンはそんなに頻繁には食しませんが、やっぱりたまには食べたいと思った今日この頃でした。

意外と(?)駅から近いです。

今まで食べてきた博多ラーメンの中でもレベルは高いです。

地図・店情報はこちら





桃鉄2010

18 01 2012

長女と一緒にゲームをすべく、wii版「桃鉄2010」を購入しました。すごろくが好きになってきたことだし、子供と一緒にゲームをやりたかった自分は、むしろ長女よりワクワクしていたかもしれません。ちょうど廉価版「おすすめセレクション」になっていたし、いいですね〜。

購入したのが日曜の夜だったため、1週間眠らせておかなければなりませんでした。しかし、最近無性にテーブルゲームがやりたかったため、長女とプレイする前に、こっそり一人でプレイしてみました。・・・駅が凄く多い。また、独占都市によっては戦国・維新ヒーローが現れ手助けをしてくれたり、ボンビーの変身パターンが増えたりと、かなり要素が多くなっています。お決まりの100年コースでじっくりプレイしていますが、長女がやるには複雑すぎるかも。で、1週間後に長女とプレイした時は、まだそんなに高額物件が買うことができない「5年」コースにしました。これなら、オーソドックスな桃鉄に終始するかなと。特に序盤はサイコロ運に左右されるため、初心者でもプレイしやすいですよね。自分と長女、そして最弱コンピューターの3人プレイをしました。長女は凄くサイコロ運が良く、何度も目的地に到達。物件も自分のアドバイスをもとに(アドバイス通りに)購入してました。一方の自分は、スリの銀次に所持金全額奪われたりして苦しみつつ、徐々に資産を増やしていきましたが、結局長女の勝利で終わりました。勝てたのが大きいと思いますが、結構楽しかったらしく、「またやろうね!」とのこと。次は負けないぞ〜。

桃鉄って、たまに無性にプレイしたくなりますよね。

ヒーローを仲間にすることが一つのカギです。

9マス動くと大爆発を起こすボンビーも。恐ろしや〜。





我が家の鉄棒

17 01 2012

去るクリスマス、長女に「おばあちゃんがクリスマスプレゼントを買ってくれるって。何が欲しい?」と聞いたところ、「鉄棒!」との答えが。何でも友達の家にある鉄棒が羨ましかったらしいです。早速その友達が買ったというホームセンターに行ったのですが、在庫がなかったため、注文することに。そして、後日、組立式の鉄棒が届きました。トイザラスにも幼児用の鉄棒が売っていたのですが、こっちの方が全然頑丈。高さも4段階ぐらい変えらることができ、50kgまで耐えられるそうです。

組み立てたところ、なるほど、確かにしっかりしてます。収納する度に接続部を外さなければならないのは面倒ですが、なかなかいい感じです。早速5歳の長女が前回りの練習。最初はおっかなびっくりでしたが、2日ほどで、ぐるぐると前回りができるようになりました。何でもマネしたがる次女も鉄棒でぶーらぶら。まだ2歳だし全然できませんが、それなりに楽しんでいるよう。近場の公園に鉄棒がないし、現在0歳の長男もいずれ遊ぶだろうし、買って良かったなと思います。まだ寒いから室内で使っていますが、床も傷ついちゃうし、もう少し暖かくなったら裏庭に出したいと思ってます。

得意げにぐるぐる回ってます。





ザ・パシフィック

16 01 2012

久々に、ラーメン屋巡り以外の投稿をします。

「24」「プリズンブレイク」と、海外ドラマの2大作を見終え、ふとレンタルショップの海外ドラマコーナーを見ていたら、この「ザ・パシフィック」を見つけました。スピルバーグとトム・ハンクスが組んだ、太平洋戦争ドラマ。実際の海兵隊員が体験した実話に基づいたストーリーで、制作費200億円を投じてリアルに戦場が描かれています。ガダルカナル→グロスター岬→ペリリュー→硫黄島→沖縄と転戦していくのですが、戦場によって主人公が異なるところは、まるでFPSゲーム「コール・オブ・デューティー」のよう。

ネタバレになってしまいますが、日本人の立場から自分の感想を少々。まず、ガダルカナルに関して、長期間の戦いだったこともあり、かなり激戦だったというイメージがあったのですが、日本軍弱すぎ。ただ突っ込んでいくだけで、まるで的のようでした。最初の舞台だっただけに、凄く拍子抜けしてしまいました。しかし、「ペリリュー」で印象がガラリと変わりました。マリアナとフィリピンの中間地点にある小島の戦いは、今まで自分も見たことがなかったのですが、実は激戦だったようです。何と言っても、このペリリューは、前編・中編・後編と3話に渡っているだけあり、制作に最も力を入れていたと思わされます。上陸前の激しい銃撃、飛行場までの怒濤の攻撃など、日本軍の抵抗の凄まじさを物語っていました。唯一米軍の損害が日本軍を上回ったという硫黄島も激しい戦闘でしたが、こちらは映画「硫黄島の手紙」の方が見応えありました。また、最近読んだ「硫黄島玉砕」というノンフィクション小説は凄まじかったです。何日かぶりに飲んだ水は口を湿らす程度という、とても戦える環境ではない状況の中で、良く戦ったなあと、読んでいて胸が苦しくなりました。補給線は完全に絶たれて孤立、勝てる希望は全くないのに・・・。最後の沖縄戦では、民間人との絡みが一つのポイントでした。助けを求めた民間人が実は人間爆弾だったり、戦場の中の民家から赤ん坊を助けたりと、ベトナム戦争の映画を見ているようでした。

こうして、「ザ・パシフィック」を見てきましたが、酷い場面があったりして、戦争の「真実」が煌煌と描写されていました。手に汗握ってかなり興奮しましたが、やはり戦争はひどい。FPSゲームなど、戦い系が好きな自分ではありますが、戦争を体験した人が少なくなっている現在、こういったドラマや映画、小説を通して、少しでも過去の過ちや当時の人々の姿を垣間見ていきたいと思ってます。

全10話なので、比較的スルッと見ることができます。

かなり臨場感があります。





ラーメン屋巡り 106食目

13 01 2012

天神屋

前から気になっていた秋葉原のラーメン店。駅から少し離れています。時間を外したこともあり、すんなり入店。ちょうど「チャーシューご飯」無料サービスをやっていたので、特製ラーメン(中盛り)にこれをプラスしました。これで850円は、結構お得です。魚介豚骨スープは、濃厚で美味い!こってり目ですが、くどくない。こだわったスープという感じです。麺もスープと相性が合っていて◎。良いもちもち感です。チャーシューは普通でしたが、青菜やメンマ、玉子など、具沢山でCPは非常にいいです!チャーシューご飯は、コショウが強くてしょっぱかったです。全体的には美味しいラーメンの部類に入ると思います。

駅から意外と遠いです。

具沢山で美味かったのですが、あと一歩といったところでしょうか。

地図・店情報はこちら