幕末

27 05 2010

先日の龍馬伝で、佐藤健演じる「岡田以蔵」が原田泰造演じる「近藤勇」率いる新撰組に襲われていましたね。岡田以蔵も「人斬り」と異名されていましたが、この時代は人斬りや暗殺が流行していました。坂本龍馬も志半ばにして暗殺されてしまいましたし。そんな幕末の暗殺劇を描いたのが司馬遼太郎の「幕末」。暗殺は嫌いという筆者が、あえて「暗殺」という視点から幕末を描いています。幕末における12の暗殺事件。「暗殺からは何ももたらされない」と語る筆者が、唯一歴史的遺産になったと言わしめた「桜田門外の変」から、鳥羽伏見の戦い後の田中顕助を記した「最後の攘夷志士」まで、多くの血が流れた激動の時代を、通常の幕末小説とは異なる視点で書いていたので、新鮮な感じがしてとても面白かったです。「逃げの小五郎」と言われた桂小五郎の一面や、井上馨と伊藤博文のエピソードなど、今まであまりお目にかかっていなかった事柄が多かったので、勉強にもなりました。井上馨が「どこでも用を足せた」というのには、かなり驚かされました。イギリス公使館放火の際にも、放火の現場で●●してきたそうです。

それにしても、この時代の若者はエネルギッシュだったんだなあとつくづく感じ入りました。あと、何でもそうだと思いますが、特にこの「幕末」という時代には、いろんな角度から見る面白さが満載されていると感じました。司馬遼太郎作品にはたくさんの幕末小説があるので、他の著書も読んでいきたいと思います。

幕末という、わずかな期間に一体どれほどの人が暗殺されたのでしょうか・・・。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。