毒笑小説

29 03 2010

東野圭吾の3大「笑短編集」のひとつです。以前読んだ「怪笑小説」「黒笑小説」のように、ブラックユーモア溢れる面白い小説でした。ただ、自分的には他の2冊に比べて少し物足りない部分もありました。(「誘拐天国」「エンジェル」「ホームアローンじいさん」など)何となく結末が予想できたということもあります・・・。まあ、結末を予想できた話の中でも、夫の上司の妻が開くティーパーティを描いた「手作りマダム」や全て母親の言う通りにして生きてきた「花婿人形」など、面白かった話もありました。そんな中、発想や展開が面白かったものがいくつか。まず「マニュアル警察」。警察の全ての業務がマニュアル化されているとどうなるか。殺人犯が自首してきたのに変な手続きを踏んでいかなければならず、「なんだこりゃ?」と思いましたが、警察と殺人犯のやりとりはかなり笑えました。次に「誘拐電話網」。誘拐した子供とは赤の他人である主人公に脅迫電話を掛けてきた犯人(?)。赤の他人とはいえ、放っておくのは胸が痛むため、主人公がとった行動とは・・・。最後は何が何だか分からなくなってしまう感じでした。そして極めつけは「本格推理関連グッズ鑑定ショー」。本格推理事件のゆかりのある品を「何でも鑑定団」のような番組で鑑定。そこで主人公が提出した品とは。最後の展開、さすがミステリー作家の顔を持つ筆者だなと思いました。思わず「おお〜」と唸ってしまいました。また、ピアノを中年オヤジが突然習い出す「つぐない」は感動を覚えながら読みましたし、“女性であること”を最重要視した作家を描いた「女流作家」には、その根性ぶりに脱帽しながら読みました。筆者の目の付けどころが面白いしサラッとしているので、何かの合間でもスラスラ読めてしまうと思います。

自分は読みませんでしたが、巻末の対談も面白いそうです。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。