弁当作りに初挑戦

23 03 2010

家族で公園に行って食べるため、男弁当と称し、先日初めて弁当作りに挑戦しました。その内容は、唐揚げ、ポテトフライ、エノキとネギのバターソテー、ほうれん草のおひたし、きゅうりのぬか漬け、冷やしトマトです。前日夜に1日漬けておいたぬか漬けを出し、唐揚げの下ごしらえをしました。肉は約650g、醬油、酒、ニンニクとショウガの擦りおろし、ごま油を入れたのですが、量は適当でいいだろうと、ほぼ目検討(醬油と酒を1.5:1くらい、ごま油は大さじ2)。これが後でとんでもないことになってしまうことに。

当日の朝は気合いを入れて6時に起きて弁当作り開始。ジャガイモ4つを使ったポテトフライは、皮をよーく洗った後、ラップで包み500Wレンジで6分ほどチン。中がじゃがバターにも使えるくらいになればOK。水分を十分取った後、ジャガイモを櫛形に切り、180℃の油で素揚げ。だいたい表面が黄金色になったら取り出します。キッチンペーパーで油を取った後、塩を振りかけて完成。唐揚げは前夜にタレに漬け込んだ肉を玉子→片栗粉の順に付けて180℃の油へ投入。鶏肉なので十分火を通した方がいいと思い、約5分くらい揚げた後、試し食いして中まで火が通っていることを確認。しかーし、メチャメチャ味が濃い。昨夜漬け込んだタレの醬油が多すぎました。ちゃんと分量を量れば良かったと大後悔。これは子供にも良くないかも・・・。まあ仕方がないので全て揚げてしまいました。

さて、いよいよ実食。いろいろあって、食べ始めたのが15時くらいになってしまったこともあり、皆腹ペコでした。そんなことも功を奏し、全部美味しく感じることができました。中でもポテトフライが美味かった!パリパリ皮付きの、程よく揚がっていたポテトは何とも言えませんでした。唐揚げも揚がり具合は良くて、嫁からも好評(揚げ具合だけ)でした。バターソテーも普通に美味しかったです。唐揚げとポテトフライはガッツリ作ったため、余った分を夕飯に回しましたが、他は完食。長女も満腹になるまで食べてくれました。

ただ、反省点は多かったです。唐揚げの味付けはもちろん、おひたしも適当に茹でたため、グニャグニャになってしまいました。ポテトも塩をふり過ぎてしまったため、後でこそぎ落とさなくてはならなかったし。いくら男の料理といっても、最低限は分量や調理時間を調べなくてはならないなと実感しました。

だいぶ食べてから慌てて撮影。濃すぎた唐揚げ(右から2つめ)がかなり減ってます。

一番美味しかったポテトフライ。大胆なカットですが、皮付きの場合はこれくらいがちょうどいい!

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。