NBA2009-2010シーズン vol.21

12 03 2010

オールスター明け〜3/1

ホークス17年ぶりの白星

現地2月22日に行われたホークスvsジャズ戦は、接戦の末、105対100でホークスが勝利。この一戦はジャズの本拠地で行われたのですが、ホークスがジャズの本拠地で白星を挙げたのは、ドミニク・ウィルキンスが43得点をマークし121対112で勝利した1993年2月13日以来、実に17年ぶりとのこと。勝利の立役者となったエースのJ.ジョンソンも喜んでいましたが、今シーズンのホークスは昨年以上に勢いがあると思います。プレイオフでも、もしかしたらもしかするかもしれませんね。

トレードで加入したばかりのJ.ハワードが今季絶望

今シーズンのトレードで一つの目玉となったJ.ハワードのウィザーズ加入。その彼が、移籍してまだ間もない現地2月22日のブルズ戦で左ひざの前十字じん帯を断裂。今季復帰は絶望となってしまいました。今までウィザーズを支えていたバトラーとジェイミソンは移籍し、アリーナスも今季出場停止。成績もプレイオフにはほど遠く、今シーズンの魔法は効力を失った模様です。

今シーズンの最弱チームが大金星

未だリーグで唯一二桁勝利を挙げていないネッツが、同地区首位を走るセルティックスに敵地で勝利する大金星を挙げました。ネッツはその日まで今季わずか5勝、勝率.088。一方、セルティックスのこの日までの勝率は.643で、その差は.555もありました。過去15シーズン、勝率の差が.550以上ある対戦カードで下位チームが勝ったのは、今回を含めてたったの5回しかないそうです。その偉業を遂げたネッツは凄いですが、それ以上にセルティックスは屈辱ですよね。恐らく地区優勝はすると思いますが、ファイナルまでは進めないかと・・・。ビッグスリー誕生時にファイナルを制したセルティックスの強さは見られなくなってきているような気がします。

神様がボブキャッツの球団オーナーに

かつてラリー・バードに「人間の姿をした神だ」と言わしめたマイケル・ジョーダンがボブキャッツのオーナーに就任することが確実に。現オーナーの売却合意はとれているそうで、今月末には他球団オーナー達から承認されるとの期待されているそうです。今シーズンのボブキャッツは初プレイオフ出場を狙える順位につけているし、ジョーダン人気でさらにボブキャッツが盛り上がっていくことでしょう。

シャックが手術

今シーズン、キングことレブロンを優勝させるべく、キャバリアーズに加入したシャックですが、ここにきて痛い負傷。現地26日のセルティックス戦で右手親指を痛め、途中退場。結局手術をすることになり、復帰の時期はまだ未定とのことです。インサイドに不安が生じてしまった今、イルガスカスと再契約できるかどうかがますます重要となってきました。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。