ノンアルコールビール

25 02 2010

車を所有するようになってから親戚の集まり等の時にアルコールが飲めなくなってしまいました。その代わりノンアルコールビールを飲むようになりました。初めて手にしたのはBig-Aにあったドイツのノンアルコールビール。最初こそ違和感がありましたが、なかなか旨かったです。ノンアルコールビールも侮れないなと感じました。次に飲んだのはキリンフリー。これははっきり言って旨くないです。変に甘くて全然ビールっぽくなかったです。これに対してアサヒのポイントゼロは、スーパードライみたいに辛口で爽快感もあって美味しかったです。ビールもメーカーによって味わいが異なりますが、ノンアルコールビールはそれ以上だなと感じました。機会があれば、サッポロやサントリーのノンアルコールビールも飲んでみたいです。

自分的にはキリンよりアサヒの方がダントツで旨いです。





燃えよ剣

24 02 2010

新撰組副長「土方歳三」の話です。多摩での不良少年時代、新撰組時代を経て函館で戦死するまでを描いています。以前大河ドラマで放映された「新撰組」も面白かったですね。どうしてもその頃のキャストが本の登場人物に同化してしまいました。近藤勇は香取慎吾、土方歳三は山本耕史、沖田総司は藤原竜也、・・・。特に土方歳三を演じた山本耕史は役にハマってましたね。齋藤一を演じたオダギリジョーも良かったなあ。大河ドラマでは池田屋事件をピークに衰退し、最後は近藤勇が処刑されて終わる訳ですが、この本は函館の戦いまでを描いています。TVでも特別ドラマとして函館時代を放映していましたが、本当の最後の場面のみでした。それに対し、この本は流山で近藤と惜別してから宇都宮、会津と、彼の転戦ぶりを描いており、とても面白かったです。特に宇都宮城攻略戦が印象的でした。京都での新撰組としての戦いはもちろんですが、新撰組崩壊後の活躍も凄かった。鉄砲玉が彼を避けるように飛んでいたし、将として大切な運も持っていました。最後の五稜郭での戦いも、味方が総崩れの中、土方歳三率いる軍だけは優勢でしたし。彼はまさに喧嘩するために生まれてきた男なのだなあとつくづく思いました。ちょっと前に「坂の上の雲」を読んでいただけに、彼が生き残って日露戦争で一軍を率いていたら、きっともっと有利に戦えていたのではないかなと思いました。特に旅順攻略・・・。

攘夷や尊王、左幕など、思想が入り乱れる中、土方歳三は思想を一切変えませんでした。というか己にあるのは戦いのみで、思想とは無縁でした。そんな土方歳三は人々から恐れられ、悪役のレッテルを貼られていましたですが、俳句を作ったり淡い恋をしたりと、人情ある一面も描かれていました。そして何より新撰組を一番愛していたのは間違いなく彼でしょう。新撰組を語る上で絶対外せない土方歳三。司馬遼太郎の本ということもあり、とても面白くて一気に読んでしまいました。幕末を舞台にした司馬遼太郎の本の中で「龍馬がゆく」と共に、この「燃えよ剣」もオススメです。西郷隆盛と大久保利通にスポットを当てた幕末長編「翔ぶが如く」は大河ドラマを少し観ただけで、ちゃんと読んだことがないので、これも読もうと思います。

上巻は新撰組の誕生から栄光、下巻は新撰組の衰退とその後が描かれています。





いちごヨーグルトパフェ

23 02 2010

先日ミニストップに「いちごヨーグルトパフェ」の暖簾が出ていました。「食べたい!」と思い、早速食べました。甘すぎず、さっぱりしていてメチャメチャ美味い!いちごとヨーグルトの組み合わせは間違いないですね!冷凍でしたが、結構ふんだんにいちごが入っており、とても満足です。長女と一緒に一つを食べたため、上に乗っているいちごは全て食べられてしまいましたが・・・。昨年食べたいちごミルフィーユや練乳いちごと比べても、断然今回のいちごヨーグルトが良かったです!まだまだ食べ足りない気がしたので、また是非食べたいです。

こんなパフェが食べたかったのです!





NBAオールスター2010

22 02 2010

去る2/15(月)【現地14日(月)】、ダラスのカウボーイスタジアムにてNBAオールスター2010が開催されました。入場者はオールスター記録を塗り替えられたそうです。楽しみにしていたこの一戦、先日録画したものを観ました。まずオールスターウィークエンドのダイジェスト版を放映。3Pコンテストはピアースが優勝。2点ボールをしっかり決めていたのが大きかったですね。スキルチャレンジはナッシュとウィリアムスの決勝でしたが、ウィリアムスが痛恨のミス連発で、ナッシュの勝利。続いてダンクコンテスト。ジェームスが出ると思ったのですが、出なかったのでかなり残念。テンションも結構落ちました。気を取り直して観ると、昨年の覇者ロビンソンとルーキーのデローザンとの一騎打ち。結果はロビンソンの二連覇。しかし、今イチ盛り上がりに欠けました。予選でデローザンがボードのサイドに跳ね返ったボールをダンクしたシーンは「おお!」という声を発しましたが、後は特にこれといった印象はなし。これにはガッカリしました。昔カーターが魅せたダンクショー、あの興奮が懐かしいです・・・。

さて、オールスターの本戦です。コービーやアイバーソンも欠場し、ちょっと残念・・・。お祭り気分で始まった序盤はイーストが10点前後のリード。ジェームス、ウエイド、ボッシュを中心に得点を重ねていきます。一方、ウエストはカーメロ、ノビツキーが得点源に。ダンカンは今回かなり影が薄かったです。後半に入り、ウエストがジワジワと得点差を縮めていき、第3Q途中でついに同点に。その立役者となったのは、ビラップスだと思います。彼の3Pが凄く効果的でした。そのまま第4Q最後まで一進一退の攻防が続きましたが、最後はボッシュのフリースローが決めた後、最後の攻撃でカーメロが逆転3Pを狙いましたが惜しくも外れ、141 vs 139でイーストが勝利しました。MVPは28得点、11アシスト、6リバウンド、5スティールを記録したウエイドが獲得。昨年とかよりは盛り上がりに欠けたような気がしますが、ハワードの3Pやディフェンスリバウンドから一気に相手ゴールへダンクを叩きつけたシーンもあり、見所は結構あり、面白かったです。やっぱりオールスターはいいですね!

MVP受賞したウエイド。文句なしの活躍ぶりでした。





24シーズン7

19 02 2010

近所のレンタル店の無料券が1枚届いたので、ついに「シーズン7」を観始めました。評価が低かった「シーズン6」に対し、かなり気合いを入れて制作したという「シーズン7」。出だしの「24」という字が出てきた時、「これだ、これ。」と体がゾクゾクしてきました。

さて、早速第1話から意外な展開がありました。前もってネットで情報が出ていたのを見てしまっていたので、自分は驚きませんでしたが、死んだはずのあの男が・・・。やはりキーファーはいい!そして先日そのレンタル店で100円レンタルデーを開催したので、「今こそ」とばかり1日1枚(2話)のペースで観るべく、7枚レンタルしました。第3話でさらなる事実が。思わずシーズン3のジャックを思い出しました。そして相変わらずいろんなところに内通者がいるようですね。また、これ(シーズン7)を観る前に特別2時間番組の「リデンプション」を観ておいて良かったと思いました。逆にこれを最初に観ておかないと、シーズン7の背景が理解しにくいと思いました。まあ、「テロの脅威からアメリカを守る」というパターンは同じなので、新鮮味には欠けてきてしまっていますが、最終話まで一気に観てしまうんだろうなあ。

シーズン5以上に意外な展開はあるのでしょうか。





カポネ

18 02 2010

1920〜1930年代のアメリカギャングの帝王アル・カポネを描いた本です。彼は禁酒法が敷かれたアメリカで、闇酒を販売し、巨万の冨を得、世間では悪の大ボスというレッテルが貼られていますが、この本はカポネがどういう人であったか、何故裏稼業を営まざるをえなかったか(イタリア系というだけで表世界での出世は臨めなかった)、そして何故事実上のシカゴ市長と言われたのか、をカポネ側の視点を中心にして描かれています。そして後半は映画「アンタッチャブル」の主人公エリオット・ネスが登場し、彼とカポネの繋がりが描写され、映画「アンタッチャブル」が世に出ることが仄めかされます。この本を読み、カポネは本当の悪だったのか疑問に思えました。裁判の起訴内容は脱税でしたが、証拠らしい証拠はなく(隠滅させたと思いますが)、判事などが強引に有罪に追い込み、投獄させてしまったことは、正に弱いものいじめにしか見えませんでした。ザ・ロックとして有名なアルカトラズ刑務所に第一号として移送させたこともありますし。カポネが刑務所で病気により著しく衰弱しても生命の危機に瀕するまで医者に診せなかったというのはヒドすぎる・・・。そんな悲しい結末を迎えたカポネですが、最後のシーンでは報われた&印象に残りました。それは、「昔カポネから多大な恩を受けた」と言って、カポネの妹夫婦が営むイタリアン食堂に妹を訪ねて来た医者との会話。そこで人一倍人情に厚く、家族や友人を自分以上に大切にしていたカポネの人柄が垣間見ることができます。カポネは本当に悲しい最期でしたが、心温まるシーンで終わったので後味悪くなることがなく、良かったです。

ところで、この「カポネ」の著者である佐藤賢一は、西洋の歴史小説を多く書いていることを知りました。英仏百年戦争をはじめ、自分が興味ある時代の物もあるので、そちらも読みたいと思います。

今思うと、禁酒法があったなんて信じられないです





坂の上の雲読破

15 02 2010

全8冊読み終わりました。昨年末にTV放送された影響もあり、貸出中が続きなかなか読み進むことが出来ませんでしたが、祖母が「坂の上の雲」を購入したので、続きを借りて読む事が出来ました。

なかなかこの時期(明治維新〜日露戦争)の本を読んだ事がなかったので、結構勉強になりました。秋山兄弟と正岡子規を中心に描かれ始めた著書ですが、子規が死に日露戦争に突入する頃から「日露戦争」を中心とした内容になっていきました。呼んでいると、この時代を調べた司馬遼太郎の感想や意見も多く書かれており、普通の小説とは一線を画する物に感じました。事実を述べるだけでなく、それを考察されていたので、読みながら考えさせられる内容でした。「陸軍・海軍ともロシアに何とか勝利した」という認識でしたが、実際は海軍は完全勝利を収めたものの、陸軍は本当に首の皮一枚で生きながらえた感じだったのですね。ある程度戦ったら退却し、相手の戦線が伸び切ったところで、一気に攻勢を仕掛けようとするロシアに対し、国力の乏しい日本はある程度勝利したら自国が有利な交渉を持ちかけようとします。結果として日本海海戦で日本が完全勝利したおかげで、何とかそれが達成されましたが、読んでみるとロシアは負けるべくして負けた戦いと言えるかもしれません。相手が無能な総司令官だったり、君主制を敷いていたり、イギリスを始めとした欧州の多くの国が日本を支援していたりと、日本に有利な背景がゴロゴロと転がっていました。さらに、国内でも革命の危機が訪れていたことも幸運でしたね。世界文明から大きく引き離されていた日本が驚くべきスピードで追いついたのは、ひとえに日本人全体の鬼気迫る努力の賜物といえると思います。実際、国家費用の大多数を軍事費につぎ込んだおかげで、生活水準はかなり低くなっていたようです。そんな生活でもガマン出来たのは、欧州に国土を蹂躙されてしまった清のようにはなりたくないという危機感があったからでしょう。ただ、欧州列強の筆頭ともいうべきロシアに挑み、それに勝ったという驕りと「日本は神の国」(確かに本を読んだ限り、日本に有利な風や天候により勝利を収められたという事実もあったようです。)という思想が陸軍やマスコミから国民へと浸透していき、昭和の悲劇を招いてしまうことになってしまいます。でも、この時代の日本は一つの目的に向かって国民が一丸となって取り組んでおり、国際法も重んじていて(捕虜に対する扱いなど)素晴らしい軍人、そして祖先だったのだなあと実感しました。

全8巻読破しましたが、TVでは第2弾と3弾が今年の年末と来年の年末に放映されるので、それも観ようと思います。

日本海海戦がクライマックスになってます。





NBA2009-2010シーズン vol.19

12 02 2010

15週目(2/1〜2/7)

コービーとガーネットが偉大な記録を樹立

レイカーズのコービーが現地1日に行われたグリズリーズ戦で44得点を挙げ、通算得点でジェリー・ウエストの持つ記録を抜き歴代トップとなりました。残念ながら試合は93対95で敗れてしまい、偉業に花を添えることはできませんでしたが、素晴らしいことですね!また同日、セルティックスのガーネットがウィザーズ戦で19得点を挙げ、通算2万1792得点を達成。これにより元セルティックスのラリー・バードを抜き、通算得点で歴代24位に浮上しました。試合にも99対88で勝利し、偉業を白星で飾る事が出来ました。同じ日に2人の選手がスーパースター超えを達成した記念すべき日となりました。

K.デュラント、AIに肩を並べる

現地2日に行われたサンダーvsホークスの一戦は、サンダーの若きエースであるK.デュラントの活躍などで粘るホークスを粉砕。106対99で勝利しました。この日33得点を挙げたデュラントは22試合連続25得点以上の記録(9シーズン前に達成)を持つAIことアレン・アイバーソンの記録に並びました。試合終盤には観衆からMVPコールも鳴り響き、今シーズンのデュラントに向けられる期待の大きさを表していました。

明暗分かれるLAのヘッドコーチ

現地3日に行われたレイカーズvsボブキャッツの一戦で、レイカーズが99対97で勝利。これによりレイカーズのヘッドコーチであるP.ジャクソンはレイカーズで通算534勝目をマークし、パット・ライリー氏を抜き、チーム史上単独トップに躍り出ました。レイカーズのHCになって4度優勝して今シーズンもウエスタン首位を独走中。まさに最強HCです。一方、レイカーズと同じくロサンゼルスに本拠地を構えるクリッパーズはウエスタン12位という厳しい成績。特に最近のロード8連戦で6敗も喫してしまいました。この成績不振により、HCのM.ダンリービーは辞任。暫定HCはアシスタントコーチのキム・ヒューズ氏が就任したとのことです。ダンリービーHCはクリッパーズの指揮官を6年半務め、通算成績は215勝325敗。プレーオフ進出は2006年のわずか1回だけでした。ちなみに、田臥勇太がクリッパーズでNBA復帰を目指していた時の指揮官でもありました。

コービーの連続出場試合数がストップ

76ers戦で左足首を痛め、ボブキャッツ戦で同箇所を悪化させたコービーが現地6日のブレイザーズ戦に欠場。これにより連続試合出場数が235でストップしてしまいました。これまで次々とNBA記録を塗り替えてきたコービーですが、それはひとえに健康体でいられたからともいえます。年齢的にもまだエースとして十分活躍できると思いますので、早くケガを治して新たな記録樹立を目指して欲しいです。

オールスター欠場するポールとロイの代役を発表

ケガによりオールスターに出場出来なくなったホーネッツのポールとブレイザーズのロイ。彼らの代わりの選手が決まりました。一人はナゲッツの司令塔C.ビラップス。エースのアンソニーと共に出場。ピストンズ、ナゲッツと、彼が移るチームは強くなるという、とても勝負強く味方からの信頼も厚い選手です。もう一人はクリッパーズのC.ケイマン。大黒柱のセンターとしてチームを支えています。ケイマンはオールスター初出場ですが、彼はかの2003年ドラフトメンバーの一人。今オールスターも2003年ドラフトメンバーが多いですね。レブロン、カーメロ、ウエイド、ボッシュ、ケイマンと、これだけでオールスターチームを作れそうです。オールスターまであと3日。今年はどんな展開になるのでしょうか。今から楽しみです。

15週目の各チームの詳細





東野圭吾の短編集

10 02 2010

ミステリー小説で高名な東野圭吾ですが、短編集も面白いです。図書館において貸出中の事が多いので、たまに彼の棚に本があると何でもいいから借りてしまいます。そこで手にした2冊の短編集「怪笑小説」「黒笑小説」がとても良かったです。両方とも今まで思っていた東野圭吾のイメージを覆す、明るくユニークな内容でした。とにかく最後のオチが凄いです。「あ〜、なるほど。こう終わるのか〜」と何度も唸されました。

「怪笑小説」で印象に残っているのは第1話の「鬱積電車」。(隣の親父臭いな〜、最悪!)(ふざけるな!何で年寄りの私に席を譲らないの!)といった電車に乗っている人々の気持ちが車内で盛んに飛び交っているだけのストーリーなのですが、最後になぜこんなストーリーだったのか判明し、思わず「うわー」と声を出してしまいました。このような心の台詞を自分も考えたことがあるかもと、我が事にようにも考えていただけに、これが本当に起こったらマジ、ヤバイっす!また、「しかばね分譲住宅」も良かったです。バブルが崩壊して値下がりが続く分譲住宅地で死体を発見。これによりさらなる時価下落を恐れた住民達がとった行動とは・・・。非常に悪趣味なストーリーでしたが、どんどんエスカレートしていく展開に「どう終わるのだろう」と思っていたところ、このラストのオチ。笑わずにはいられませんでした。

一方「黒笑小説」はタイトルの通り、ブラックユーモアが強いストーリーが多かったです。前半の4作「過去の人」「もうひとつの助走」「選考会」「線香花火」は、旬を過ぎた作家と編集者との関わり合いを描いており、これはある意味編集者への苦言とも取れる、非常にグレーな要素が強かったです。解説で「東野圭吾は陽の当たらなかった時期が長かった」と書かれていましたが、そんな時期を体験した人だからなのでしょうか、登場人物一人ひとりの台詞や気持ちが生きているようでした。そして最後に編集者が言った一言が脳裏に焼き付きました。「受賞式が終わった時からその人はもう過去の人なんだよ」・・・この台詞を読んだ時、体がゾクゾクっとしました。他、24時間勃たなくなる薬の話「インポグラ」や何でも巨乳に見えてしまう人の話「巨乳妄想症候群」といった下ネタ系の話や、売れないお笑い芸人が必死にホテルのボーイを笑わそうとする「笑わない男」、フラれた女性からストーカーを強要される「ストーカー入門」など、様々なジャンルの内容がありましたが、どれもオチが面白い。中でも人気キャラクターグッズを娘にせがまれる父親を描いた「臨界家族」は他人事とは思えないストーリーでした。

この二冊を読んで東野圭吾の新たな一面を見たような気がします。同時にいろんな顔を持っているのを知り、引き出しもたくさんあって本当に凄い作家なんだなあと感動をも覚えました。上記二冊の他、「毒笑小説」もあるとのことなので、図書館で見つけたらぜひ読みたいと思います。

真保裕一の解説も良かったです。

ダークな内容を面白可笑しく描いています。





大戦略Ⅶ DX

9 02 2010

以前PS3の「エンドウォー」の時に記載しましたが、今無性に「大戦略」系のゲームがやりたくなってます。しかし、「エンドウォー」は自分が求めていたものとは違うし、PS2をセッティングするのも何か面倒くさいし、嫁がTVを観ている時はゲームできないし・・・。DS版の大戦略が今月末に発売されるそうですが、お金もないし・・・。

と、悶々としていたところ、7年ほど前に発売されたPC版の「大戦略Ⅶパワーアップキット」を自分の部屋に埋もれているのを見つけました。思わず「お〜!」という歓声が。購入したものの、あまりプレイしていなかったので、その存在を忘れていました。パッケージを手に取りしばらく眺めているうち、その理由(あまりやらなかった)が明らかに。マップは広大で絵もなかなかキレイなのですが、ネット対戦を重視しているソフトで、部隊を育成しながらシナリオを進めていく「キャンペーンモード」がない。そのため、1つのマップをクリアすると、その部隊とはオサラバし、他のマップをプレイする時は、また1から作り直しという、ゲーム全体のストーリーは全くないソフトなのです。その代わり、初期予算の振り分けをはじめ、自分の好きなように難易度をカスタマイズできるので、大戦略初心者と対戦したときとかにはいいかもしれませんね。それにパワーアップキットも同梱されているので、自分のオリジナルマップも作成できるようです。そういえば、子供の頃は自分で三国志マップも作ったな〜。

2週間ほど悩んだ後、久々にプレイしようという気になりました。ただ800MBほどの空き容量が必要なため、空き容量がほとんどない自分のPCを整理するのが大変でした。結局インストールするために必要な容量を確保するのに1時間半ほどかかってしまいました。(このことが2週間悩んだ大きな理由だったわけです)マップ収録数は何と100枚。とりあえず優しめの狭いマップから順番にゆっくり攻略していこうと思います。まずは操作方法やルールを理解するため適当にスタート。まずターン制なのがいいですね。リアルタイム式のものもありますが、このターン制こそ、大戦略の王道ですよね。それから「海中」「海上」「地上」「低空」「中空」「高空」という空間の概念があるのも特徴の1つです。対空砲の中には「高空」にいる部隊を攻撃できない兵器もあったりと、結構奥が深そうです。選択できる国も10カ国くらいあるので、いろんな国でプレイしていきたいと思います。初日の慣らしプレイは30分ほどで終了としましたが、なかなか面白かったので、嫁がTVを観ていてPS3やwiiができない時を中心に、細々とプレイしていこうと思います。

新しいソフトも魅力的ですが、手元にある昔のソフトもいいですね。

こんな大戦略の王道ソフトをやりたかったのです。