たらこスパゲティ

16 11 2009

普段ほとんど料理をしない私ですが、最近は「たらこスパゲティ」を週1くらいのペースで作ってます。長女が大好物で、「夜何が食べたい?」と聞くと「たらこスパゲティ」と答えるからです。で、前に私が作ったらなかなか好評で、それ以来「たらこスバゲティ」は私が担当っぽくなりました。せっかくなので私の作り方を以下に記載します。

具材は、いたってシンプル。3人(2.5人)分で、たらこ1パック、スパゲティ300〜350g(太さは何でも大丈夫だと思います。)ほど、海苔を少々。他、塩、コショウ、バター、オリーブオイルを用意します。道具は大きめの鍋、大きめのザル、そして大きめのボール。また菜箸など。

(1)大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、塩を4〜5掴みほど投入。火にかけ、沸騰させます。その間、たらこソースの準備をします。たらこに切れ目を入れ、中身を包丁で絞り出します。この時不要になったたらこの皮はその場でパクリ。これがなかなか美味い。長女も好きで2人で食べてます。絞り出したたらこをボールに投入。同時にバターを結構多めに入れます。自分はバターナイフでざっくり一塊(これでもかというくらい大きな塊)+小さな一塊入れてます。このくらいたっぷり入れた方が美味いと思います。そして塩コショウをザッザッザッ、と振りかけます。これも少し多めに入れます。(入れ過ぎには注意)混ぜるのはまだです。とりあえずソースに必要な物を一通り入れた感じです。またこの間に、野菜不足にならないようにサラダも作ります。

(2)お湯が沸騰したらスパゲティを投入。あらかじめ茹でる分のスパゲティをザルに入れて用意しておくと便利です。麺がくっつかないように菜箸でかき混ぜながら必要時間茹でます。ただ、ずっとかき混ぜている必要もないので、まだソースの準備ができていない時はこの間に完了させます。

(3)茹で時間が結構経過してきたら(自分はもうすぐ完了って頃)、ソースを完成させます。材料が入っているボールにスパゲティの茹で汁を入れます。これも結構多めに入れてます。自分はレンゲとかで10杯くらい入れてます。オタマに換算すると3杯弱くらいでしょうか。まあ、バターがちゃんと溶ければいいと思いますが、少なすぎると麺がくっつく恐れがありますね。そして、たらこをほぐし(つぶし)ながら混ぜれば完成。ちょっと舐めてみて味見をしますが、少ししょっぱいくらいがちょうどいいです。

(4)スパゲティの固さは好みがあると思いますが、自分は若干柔らかめが好きです。芯が残っていると粉っぽい感じがしてあまり好きではありません。で、若干柔らかめにしようとすると、通常の茹で時間より少し多く茹でます。茹でている麺を噛んでみて「うん」という感じになったら茹で上がり。ここから時間との闘いです。鍋からザルにドバッと麺を移したら、すぐにオリーブオイルをくるっと一回しかけます(かけ過ぎるとオリーブの香りがプンプンしてしまいますので、注意です。)。菜箸でかき混ぜたらソースが入っているボールへ麺を投入。この際湯切りは一切行いません。ここまでの所要時間で麺がくっつくかくっつかないかの明暗が分かれます。目安は1分以内。そして、ソースが全体に絡むようにしっかりとかき混ぜます。

(5)お皿に取り分け、刻み海苔(自分は焼き海苔をキッチンばさみで切ってます)を振りかけて完成。

あまり自分から積極的に食べない長女も大好きな「たらこスパゲティ」なら自らどんどん食べます。家族皆たらスパ好きなので、300gもペロリ。先日は400g近く茹でましたが、なんのその。あっという間に完食でございました。

 

tarasupa

万能ネギをはじめ、他の具材を入れても美味しいですが、シンプルにたらこだけでも美味しゅうございます。

 

 

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。