NBA2009-2010シーズン vol.7

6 11 2009

NBAが開幕して1週が経過し、早くも熱気が湧いてきています。そこで、1週間ごとに自分が気づいた点やトピックスなどをいくつかピックアップしていきたいと思います。


1週目(10/27〜11/2)※開幕直前を含む

 

ドラ1のグリフィン、戦線離脱

クリッパーズがドラフト1位で獲得したグリフィンがケガにより戦線離脱を余儀なくされてしまいました。復活まで6週間はかかる模様。プレシーズンで早くも大器の片鱗を覗かせていただけに、非常に痛いです。何とか1勝したものの、早くも4敗を喫し、辛いスタートとなってしまいました。

アリーザ覚醒!?

ヤオ、マクグレディを欠き、さらにアーテストの移籍と、主力がいない状態でシーズンに突入したロケッツが3勝1敗という、素晴らしいスタートを切りました。その立役者がレイカーズから移籍してきたアリーザ。昨シーズンはブライアントやガソルなどのスター選手の脇役としての存在として見ていましたが、新天地のロケッツではエース級の活躍ぶりです。今シーズンの行方は彼にかかっているかもしれません。ちなみに、何故かゼッケンが“1”です。マクグレディのゼッケンではなかったっけ?当のマクグレディは“3”になってるし。うーん、エース交代という意味でしょうか。

5チームが全勝

今シーズンの1週目は、全勝で切り抜けたチームが多いです。昨シーズンからの好調を維持しているセルティックスやマジック、ナゲッツは予想通りでしたが、ヒートやサンズも全勝で切り抜けました。まあ、どちらのチームもどちらかといえば格下チーム相手だったので、真価が問われるのはこれからということになりますが、素晴らしいスタートダッシュを切りました。

好調マジックに黄色信号

新天地で大活躍をしているカーターが古巣のネッツ戦で、ハリスの足を踏んでしまい、捻挫。2試合ほど欠場した後復活しましたが、ピストンズ戦で悪化させてしまいました。幸い大黒柱のハワードやレディック、ネルソンなどの活躍により好調を維持していますが、ルイスも薬物使用で10試合の出場停止だし、得点源の不在は痛いですよね。早い復帰が待たれますが、シーズンもまだまだ長いですし、万全を期して出場して欲しいです。

今シーズンのサンダーは違う!?

昨シーズンは3勝29敗という最悪のスタートだったサンダーが、今シーズンは2勝1敗というGOODなスタートを切りました。しかも2勝のうちの1チームは、強豪ピストンズです。まだまだ序盤なのでこの勢いがどこまで続くか分かりませんが、グリーンやウェストブルックなどの活躍もあり、一昨年前の新人王であるデュラントにようやく陽が当たり始めています。スパーズに大金星を挙げるなど、昨シーズン終盤は強豪チーム相手に大接戦を演じていましたし、デュラントを中心としたチームがここにきて機能し始めています。

1週目の各チームの詳細

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。