龍が如く3

30 10 2009

先日購入した「龍が如く3」を始めました。12/3にベスト版(3990円)が発売されるらしいですが、中古ショップでオータムセールをやっており、3480円で売っていたので、ベスト版を待てずに購入しました。相変わらず5GBという容量のため、インストールに20分くらいかかりましたが、やっぱり画像はキレイです。人物の細かい皺や光の明暗のつけかたなど、凄いリアルです。さて、この「龍が如く3」は「3」というだけあり、ストーリーは「1」「2」の続きということです。龍が如くシリーズが初めての私は当然内容が分からない訳で、第1章の墓参りの場面では、主人公が墓の前でその人に語りかけているのですが、「1」「2」未プレイの自分はさっぱり分かりません。すると、親切にも「龍が如く1のストーリーを見る」「龍が如く2のストーリーを見る」というコマンドが出ているではありませんか。面倒くさいと思いながらも、見ないとつながりが分からず面白さが半減してしまうので、腰を据えて見ることにしました。・・・面白い。ストーリーが非常に面白い!それぞれ15〜20分ほどの内容にまとめられているのですが、映像に吸い込まれてしまいました。

「1」は、「堂島の龍」の異名で呼ばれた主人公が、殺人を犯した親友2人を守るために身代わりになって投獄されるところからスタート。10年の刑期を終えて出所しますが、その間に環境はガラリと変わってしまっていました。そして、行方が分からなくなった親友を捜すことに。その途中で今作(「3」)でも登場する少女「遥」と出会うことにもなります。投獄中も手紙をくれたりしていろいろと面倒を見てくれた「親っさん」を頼りに真相へと迫っていきますが、ヤクザなどの組織や警察など、様々な極道のしがらみに巻き込まれていきます。そして豹変してしまった親友と出会い、悲しい結末が待ち受けているのでした。最後は「東城会4代目」を名乗ることになります。

「2」は神室町を離れ、遥と共に平穏な暮らしをしている中、東城会5代目が主人公に相談を持ちかけられたところを銃撃されてしまいます。そして5代目の意志を継ぐべく、再び極道へと足を踏み入れる決意をするところからスタート。東城会と大阪の近江連合と和解するために近江連合の本拠地を訪れることになりますが、「関西の龍」と呼ばれる近江連合直参郷龍会会長の郷田により会長が誘拐され、全面戦争へと突入してしまいます。さらに、東城会に秘められた過去の「語られぬ事件」が明らかになり、26年の歳月を経て、東城会に対するジングォン派の復讐劇も同時に進行します。もう誰を信じたらいいのか分からなくなってしまった中、主人公はある人物と出会います。そして行動を共にするうち、彼を東城会6代目にしようと考え始めます。物語がクライマックスを迎える中、驚くべき人物が姿を現して真相が明らかに。・・・、最後は東西の龍が決着をつけて終わります。

うまく記載できたか分かりませんが、とにかく内容が充実していました。変な映画より全然面白かったです!これを見て、ますます「3」への期待が膨らみました。今回はお馴染みの神室町と沖縄が舞台。東京と沖縄での同時銃撃事件が発生したオープニングムービーで早くもゲームに引き込まれる自分がいました。ゲーム中もムービーが多いのですが、構成がしっかりしているので、「うざい」とかいう気持ちは沸き起こってきません。むしろ、ここに人間ドラマを感じてゲームにのめり込めます。メインストーリーだけでなく、サブストーリーなども豊富らしいので、じっくり楽しみたいと思います。

ryu3-1

こんな面白いゲームを今までプレイしなかったなんて、という思いです。

ryu3-2

ゲーム中にチュートリアルもあるので、初心者でもプレイしやすいです。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。