日本沈没

1 10 2009

前から観たいと思っていた映画「日本沈没」を観ました。以前マンガ喫茶で少し読んだことがあるのですが、映画のストーリーと違っていました。地震や津波、火山など、邦画にしてはなかなか迫力ある映像でした。演技は主人公の草彅やヒロインの柴崎よりも、豊川や大地の方が、やはり断然良かったです。剛の雰囲気からなのか、鬼気迫る印象をあまり受けなかったです。ただ、全体の印象としては本当に起こりうるのではないか(沈没する原因も本当にありえそうな感じでした。)、という危機感が漂っており、映像に引き寄せられていました。これは何といっても原作が良かったからでしょう。小松左京氏は凄い!一時話題になった「日本沈没」なので、かなり期待して観ましたが、その期待を裏切らず、ストーリーに芯があって面白かったです。

本当に起こったら、どうしよう!?

本当に起こったら、どうしよう!?

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。