提督の決断の新作を求む!

27 08 2009

先週、信長の野望について書きましたが、光栄のシリーズゲームで是非新作を出して欲しいものがあります。それは、「提督の決断」。日本VSアメリカの太平洋戦争ゲームの金字塔ともいえるこのシリーズは、自分が小学生の時に「1」が発売されました(自分はMSX版をプレイ)。補給や技術開発をはじめ、かなり細かい概念があってとても難しいと、一部のコアファン以外はプレイしにくいゲームでした。私も最初は訳が分かりませんでしたが、ハンドブックを熟読してゲームの本質を理解するうち、いつしかハマってしまいました。一番の醍醐味は広大な太平洋上で敵の艦隊を見つけること。発見して奇襲に成功した時は、何ともいえない喜びがありました。現在「4」まで出ていますが、自分的に一番面白かったのは「3」です。まず西はインパール作戦の目標となったインドまで、東はワシントンまでと、マップがとても広大で、外交対象国も多かったのが良かったです。ただいたずらに攻撃するのではなく、いかに周りの国を味方につけるかも戦いのポイントになりました。そして戦闘機や爆撃機の種類も多く、都市ごとに産出資源の種類や分量が一目で分かったのも良かったです。そのお陰で、自分が取るべき戦略を練りやすく、ハマる要因の一つになりました。ただ、戦闘シーンが長かったのが×。特に都市戦はかったるかった。そのため、戦闘は全て委任してしまいました。一方「4」は戦闘画面に重きを置いており、流れるような戦闘とキレイな画面は見ていてとても楽しかったです。が、単なる都市穫り合戦に終始したゲームになってしまい、醍醐味である策敵や海戦が全くなくなってしまったとのがとても痛かったです。正直ガッカリしました。この「4」はコアファンではなく、ライトユーザー向けのソフトで、提督の決断ファンを新たに獲得しようと画策したものとしか考えられません。これまで「2」はやったことなかったので、この前PS版のBEST版を見つけて購入。しかし、ほとんどやらずじまいです。「2」は作戦会議を重要視しており、陸軍VS海軍の会議がうざい。どっちの主張を通すか、カードでバトル。これが時間かかりすぎ。結局最初の作戦会議の時点で挫折してしまいました。

この、たまに無性にプレイしたくなる「提督の決断」シリーズ。4のBEST版が発売されてから既に5年が経過していますが、一向に新作の噂が出てきません。もう新作は出ないのでしょうか?「3」の概念と「4」の戦闘画面を取り入れればきっと素晴らしいゲームになると思うのですが、どうでしょうか?是非PS3で美しい3Dグラフィックの新作を出して欲しいです。

4は、シリーズ初の3Dグラフィック。とても見入りました。

4は、シリーズ初の3Dグラフィック。とても見入りました。

総合的には「3」がナンバー1の気がします。

総合的には「3」がナンバー1の気がします。

「2」はやる気がしません。日本の主導権争いなど、どうでもいいのです。

「2」はやる気がしません。日本の主導権争いなど、どうでもいいのです。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。