糖質と糖類の違いは?

23 07 2009

先週のブログで、糖類0の缶コーヒーについて書きましたが、ふと疑問に思うことがあります。それは、「糖質と糖類はどう違うのか?」ということ。メタボ対策に糖質カットと糖類カットの商品があるけど、両者の違いは何なのでしょうか?糖類0なのに、糖質は含まれている商品もあるし・・・。気になるので調べてみました。

まず「糖質」とは、主要なエネルギー源となる栄養素、つまり炭水化物のこと。もっと言えば、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称だそうです。一方、「糖類」とは、糖質の中でも二類糖(砂糖など)・単類糖(ぶとう糖や果糖)と言われるものだそうです。逆に糖類に含まれない糖質は、オリゴ糖やでんぷんなどの「多糖類」、キシリトールなどの「糖アルコール類」、スクラロースなどの「高甘味度甘味料」などがあります。なので、「糖類0」とうたった商品は、糖類以外の甘味料で甘みをつけている可能性もあるのです。ちなみに糖類0なら、「無糖」と表記できるそうです。

では、「糖類0」ではあまりダイエットの効果はないのでしょうか?あるサイトに糖質と糖類のカロリーが掲載されていたので、それを以下に記載します。

・1gあたり4kcalのもの—砂糖・乳糖・麦芽糖・ぶとう糖・果糖・オリゴ糖・デキストリン・でんぷん(糖類と、一部の糖質)

・1gあたり3kcalのもの—キシリトール(糖質)

・1gあたり2kcalのもの—マルチトール(糖質)

・ノンカロリー—アセスルファム K・スクラロース等(高甘味度甘味料)

糖質は0でなくとも、ノンカロリーのものはあるのですね。またこう見ると、糖類は全部4kcalに含まれているのが分かります。なので、出来れば糖質オフの方がモアベターということでしょうか。

こちらに、糖質と糖類の違いについて図解で詳しく載っています。ご参考までに。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。