ファイアーエムブレムのすすめ

19 06 2009

ゲーマーの方なら、ドラクエやFFをはじめ、好きなシリーズが何か1つはあるはず。私もいくつか好きなシリーズがありますが、その1つにファイアーエムブレム(以下FE)シリーズがあります。ユーザー人口は他の人気シリーズから見ればあまり多くないと思いますが、恐らくコアファンの方が多いと思います。その証拠に、昔(10年以上前)のソフトが未だに中古でも価格が下がらず、定価近くで売られています。(物によったら定価以上で売られていることも。)このFEシリーズの最大の特徴は、一度死んだ仲間は二度と蘇らないということ(一部を除く)。特に3〜5時間かけて闘技場で育成していたのに仲間が死んでしまってリセットを押す瞬間はたまらなく悲しいです。暫く立ち直れないことも何度もありました。また、きちんと考えて仲間達を育成しないと、終盤とんでもないことになってしまうこと。そう、FEシリーズはかなりS的要素を持ったゲームと言えるでしょう。

私が初めてFEに触れたのは高校1年の夏。スーファミの「紋章の謎」。このゲームは面白くて中毒性が強い。RPGとシュミレーションゲームの両ジャンルとも好きな方は絶対ハマると思います。私も両ジャンルとも大好きなので当然ハマり、買った当初は休日の朝から晩までやっていました。しかし、この頃はまだFEシリーズの恐るべき要素を理解していなかったため、最終面で死にまくりあえなく挫折。

月日は過ぎ、3年ほど前でしょうか、ゲームの中古ショップでGBA版「ファイアーエムブレム」を見つけてしまったのです。その時FE熱が再燃。3種類ありかなり迷ったのですが、2作目の「烈火の剣」を選択。これが面白かった。3つの編で構成されていてそれぞれ主人公が異なるのですが、ストーリーが充実しており、敵味方も含めた愛と友情の物語でした。中でも一度倒した将たちが、最終面において邪悪なボスによってあの世から呼び戻された時、邪悪なボスの機械と成り果てた将たちを倒した際に見せた将たちのあの悲しげな笑顔はとても印象的でした。彼らの悲しい運命に共感して泣きそうにもなりました。

そして「烈火の剣」をクリアした後、GBA版の残り2作もクリア。さらにDS版の「新・暗黒竜と光の剣」もクリアし、今はWiiの「暁の女神」をやっております。これが何といってもグラフィックがキレイ。今まで2Dのもの(DSは3Dですがあまりキレイではなかった)しかやっていなかったので、この3Dグラフィックには感動しました。闘技場がなくなったのは残念ですが、ヒューマンドラマっぽいところもあり、とても良く出来たストーリーで面白いです。これも章によって主人公が替わり、時には主人公同士で闘うこともあります。あまり書くとネタバレ(今さらですが)になってしまうのでこれ以上内容は書きませんが、とにかくFEシリーズは面白い!Wiiでは昔のゲームをダウンロードできるそうなので、GBA版より前のもやってみたいですが、出来ればキレイなWii版としてリメイクして欲しいです。ただ、昔のFEシリーズはとても難易度が高いと聞いています。中でも「トラキア776」はかなりヤバいみたいですね。まあ、まずは「暁の女神」を頑張ってクリアしたいと思います。

GBA版三部作の中で飛び抜けて面白かった「烈火の剣」

GBA版三部作の中で飛び抜けて面白かった「烈火の剣」

面白いのですが、夜中しかゲームできないので、いつも睡魔に負けてしまい、なかなか進めません。

面白いのですが、夜中しかゲームできないので、いつも睡魔に負けてしまい、なかなか進めません。

敵の行動範囲を把握することがコツの1つです。

敵の行動範囲を把握することがコツの1つです。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。