ラーメン屋巡り 33食目

15 06 2009

TETSU

品川の麺達七人衆-品達の一角。他に「せたが家」や「なんつっ亭」などの有名店が並び、どの店にしようか迷いましたが、このTETSUのつけ麺は大崎の「六厘舎」と並んで評されるほどの人気ぶりらしく、品達でも他の名店と比べて群を抜いた行列ができるらしいので、まずはTETSUに行ってみることにしました。線路下という場所柄なのか、店の外壁はなく、ビニールシートで覆われており、安い立ち飲み屋に来た気分でした。暑い真夏や寒い真冬はちょっと訪れたくないなと思いました。私が訪れた時はタイミングがジャストで、並ぶことなく着席することができました。(入り口からではなく、ビニールシートのつなぎ目から入りました。)玉子入りつけ麺にしようかと思いましたが、ネギ好きの私は、「ネギつけ麺」に目を奪われ、「ネギつけ麺」の大盛りをチョイス。スープは魚介濃厚スープで鰹節の粉末が入っており、加えて麺に絡み付くスープは、大崎の「六厘舎」を彷彿とさせました。が、味は「六厘舎」の方がガツンとしている感じがしました。「TETSU」は濃厚マイルドな舌触りでしたが、今少しインパクトに欠けていました。麺はすごくコシがあって「これぞつけ麺の麺」という感じでした。水切りもしっかりされている感じで、器の下には水が全くと言っていいほどありませんでした。う〜ん、素晴らしい。私が一番気に入ったのはネギ。ただ長ネギを刻んだだけでなく、胡麻油と塩コショウで味付けされたネギが別皿に盛られ、これを麺と一緒にスープにつけてズバッといただく。ゴマのいい香りとコショウのスパイスがいい具合につけ麺に絡み合ってGOODでした。あと卓上のスープ割のスープが美味しかったです。和風のダシがいい香りで、ちょっと入れすぎたと思ったのですが、薄まりすぎたという印象はなく、とても美味しかったです。このスープ割のスープは今までで一番美味しかったかも。またTETSUでは冷めたスープを温かくする「焼き石」も投入することができるらしいです。この日は暑かったしスープも十分温かかったので入れませんでしたが、寒い時にはいいですよね。

店を出る頃には10人ほどの行列が出来てました。

店を出る頃には10人ほどの行列が出来てました。

つけ麺のネギはクセになる味付けでした。

つけ麺のネギはクセになる味付けでした。

地図・店情報はこちら

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。