芝刈り失敗

3 06 2009

昨年春に念願の芝生を植えました。ちゃんと調べずに半ば適当に芝生植えの作業をしてしまい、ちゃんと根付くかどうが心配でしたが、何とか根付き、1年が経過しました。芝生で一番大切なのは芝刈りだと思いますが、保管場所の問題や芝生を敷いた面積が小さかったこと等を理由に芝刈り機を購入せず、一度だけ枝切りハサミで適当に切ったのみでした。結果、よく足を踏み入れる場所以外は適当に伸び放題。ずっと放置しておくと芝が病気になってしまったり害虫が住み着いてしまったりするそうなので、これはマズいと思い、先日ホームセンターへ行ったところ、芝生用の電動バリカンを見つけました。端まできちんと刈れ、芝の高さも調整できるとのこと。値段も7,000円程だったので、「これはイイ」と思い、購入。早速刈ってみました。いやー、気持ちいい程キレイにバッサリと刈れました。買って良かったー。また芝生の底にはダンゴムシをはじめ小さい虫が結構蠢いていました。きっと虫にとって長い芝はあったかくて冬眠にも最適で、居心地もいいのでしょう。それにしてもこの状態をさらに放置しておいてしまったらと思うとゾッとします。やっぱり芝バリカンを買って良かった〜。ところがここで一つ問題が。キレイな緑色になって伸び放題だった芝をざっくりと刈ると、なんと残った芝が枯れているではありませんか。後でネットで調べてみると、軸刈りとかいうものをやってしまったらしいです。伸びすぎた芝はいきなり短くするのではなく徐々に短くしていかないと葉の部分を全部刈ってしまうことになり、そうなると再生するのに時間がかかってしまうそうです。徐々に刈るということは調べていたので一番長い25mmに設定したのですが、それ以上長くしておかなくてはならなかったのですね・・・。しかしもう後の祭り。刈り取った芝が青青していて残った芝は不健康そうな色をしているという、何とも寂しい結果になってしまいましたが、昨年からマメに芝刈りをしていればこんなことにならなかったはず。後は早く復活するのを祈りつつ、これからはきちんと芝刈りをしたいと思います。

 

切れ味最高です。しかし調子に乗って大胆に刈っていたら誤って電機コードまで切ってしまいました。

切れ味最高です。しかし調子に乗って大胆に刈っていたら誤って電機コードまで切ってしまいました。

 

芝生は温度を下げる効果があるそうなので、これから迎える暑い夏、ちょっとしたエコになるかもしれません。

芝生は温度を下げる効果があるそうなので、これから迎える暑い夏、ちょっとしたエコになるかもしれません。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。