ラーメン屋巡り 27食目

30 04 2009

麺屋 月光

星薬科大学前にあるラーメン屋。本当は他のラーメン屋を目当てに行ったのですが、そのラーメン屋がなくなっており、このラーメン屋になっていました。どうしようかと一瞬迷いましたが、せっかく来たのだから食べてみようと思い入店。店内に足を踏み入れたとたん、ビチャッ。何かと足下を見ると、スープか何かを捨てたような液体が散らばっていました。「汚い。靴が汚れた」という思いから、一気にラーメンへの期待もしぼんでしまいました。ラーメンはいろいろな種類があったのですが、さっぱりとしてそうな「魚ラーメン」をチョイス。麺は太麺してみました。ところがいざ出てくるとかなり濃厚こってりスープ。味はそこそこ美味しいのですが、とにかく味が濃いので喉が乾きまくりです。「お好みで」という柚子コショウは絶対入れるべきです。味は濃いままですが、こってりさが緩和しつつ、いいアクセントになります。麺はもっちりとしてコシもあり、美味しかったです。チャーシューは分厚い肉を炭火で焼いたものを乗せるので、出来立てを食べている感じで良かったです。ただ柔らかくて美味しかったのですが、脂が乗りすぎていてちょっともたれてしまいました。他いい具合の半熟玉子や青菜、白髪ネギもGOODでした。あと鰹節が入っていたのが変わっていたと思ったのですが、自分的には粉末状の方が良かった気がします。全体的にはそこそこ美味しかったのですが、とにかく濃くてこってりしているので、若者(特に学生)向けな感じがしました。場所も大学前ですし。あと、入り口が汚かったのがいただけません。入り口は店の第一印象にもなりますし、飲食店なのだから、キレイにして欲しいです。

 

店員さんの感じは良かったのですが、入り口が・・・。

店員さんの感じは良かったのですが、入り口が・・・。

結構美味しかったのですが、とにかく濃い。水を3杯も飲みました。

結構美味しかったのですが、とにかく濃い。水を3杯も飲みました。

地図・店舗情報はこちら





ソフトボール大会

20 04 2009

先日自治会対抗のソフトボール大会が行われました。私は地元チームに所属していないのですが、「人数を揃えなくてはいけないので参加して欲しい」と声がかかったので、全然体を動かしていないので不安でしたが、地元の野球チームのメンバーに混じって参加しました。野球をやるのは、実に少年野球以来で、しかもソフトボールは初めてなので、本当に不安でした。

朝8時に小学校の校庭に集合し、トーナメント方式で行いました。ただ、自治会対抗といっても参加数が少ないのでしょうか、1回戦→準決勝→決勝と、最高でも3試合しかありません。敗者復活戦とか3位決定戦とかもないので、お昼くらいには全部終わる日程でした。試合は5回または50分間という規程なので、サクッとした感じで久々に体を動かす私にとっては有り難いことでした。

1回戦は7番セカンドで出場。守備に関しては本当にひどかったです。あまり打球が来なかったのが救いですが、エラーやベースカバーができなかったりと、散々でした。かなりチームに迷惑をかけてしまったかと思います。打席は2度回ってきました。1打席目はサード内野安打、2打席目はバントヒットと、2打数2安打だったので、少しは貢献できたでしょうか。しかしスパイクを持っていなかったため、かなり滑りそうでした。走るのも久々だったので、気持ちだけが前にいってしまい、本当に転ぶかと思いました。試合は相手に先攻されながらも、最終回でサヨナラ勝ちと、劇的な勝利でした。

準決勝は9番セカンド(途中からライト)で出場。またしても守備面では足を引っ張る形になってしまいました。ただ攻撃面では貢献できたかなと思います。2度打席が回ってきて、2打数2安打(両方ともツーベースヒット)でした。打てなかったらただの足手まといになってしまうところでしたので、結果を少しでも残せて本当に良かったです。しかし、試合は5点差で負けてしまいました。できれば決勝戦もやりたかったですが、ミスが多かった中、結構楽しめたので良かったです。また声がかかったら参加したいと思います。

それにしても筋肉痛というか、足の節々が痛いです・・・。多少は準備運動をしたのですが、やはり急に走るのはヤバいですね。健康のためにも、普段からの運動が重要だなと痛感しました。





NBAプレーオフ突入

17 04 2009

NBAの2008-2009シーズンは、レギュラーシーズンを終え、今週末から上位16チームによるプレーオフが始まります。いわば、ここからが第2ラウンドです。そこで、勝手に今シーズンの予想をしたいと思います。


イースタン

本命:クリーブランド・キャバリアーズ(イースタン1位)

レギュラーシーズンを最高位で終え、ここ数年(チーム創設以来?)で、もっとも充実していると思います。個人的に現在のNBA選手の中で、レブロンが一番好きなのですが、その魅力は得点力はさることながら、チームメイトを生かしたプレーがとても魅力的で、観ていてとても面白い!一癖ありそうなモーともうまくマッチしてますし、バレジャオとレブロンはあうんの呼吸のような感じですし・・・、レブロンを中心にチーム全体の士気がものすごく高いです。今シーズンのホーム戦では2敗しかしておらず、その強さは正に本物です。レブロンが故障しない限り、本命は揺るぎないと思います。

対向:ボストン・セルティックス(イースタン2位)

ハワード率いるマジックとどちらにしようか迷いましたが、マジックは終盤失速したということもあり、ここは2連覇を狙うセルティックスにしました。ガーネットやアレンの体調は気になりますが、エースのピアス以外の選手が成長著しいです。特にロンド、パーキンス、デービス、ポーがいい働きをしています。そして何といってもシーズン終盤に加入したマーブリー。彼のプレースタイルの変化ぶりに驚きました。今までは自己中心的なプレーでゲームを崩していたイメージが強かったのですが、このチームに加入してから、チームプレーに徹しています。順当に行けば、カンファレンスファイナルでキャバリアーズと争うことになるでしょう。

ダークホース:マイアミ・ヒート(イースタン5位)

ここもホークスと迷いましたが、ヒートにしたいと思います。何といっても今シーズンの得点王ウエイドがいますし、周りの選手も年々充実してきており、選手層も厚いと思います。シーズン終盤まで5割付近を彷徨っていましたが、爆発力があるチームなので、上位チームを食らうことも考えられます。イースタン1回戦の組み合わせの中で一番面白くなるだろうと思う、対ホークスを制した次はキャバリアーズと戦うことになり、非常に辛い道のりになると思いますが、勢いにのれば10年ほど前のニックスのような奇跡を起こすかもしれません。


ウエスタン

本命:ロサンゼルス・レイカーズ(ウエスタン1位)

2位以下が熾烈な争いを続けていた中で、安定した強さで他を圧倒していたレイカーズは間違いなくウエスタンの本命です。進化したコービーは現在のNBA選手の中でトップ選手と言えると思いますし、ガソルをはじめ、オドム、フィッシャー、ブヤチッチ、ファーマーなど、周りの選手も充実。さらにケガから復帰したバイナムを加え、昨年の雪辱を晴らす最強の布陣だと思います。ウエスタンは強豪が多く、勝ち残るのはとても厳しいことですが、フィル・ジャクソンの憎らしいほどの手腕により、やはり最後に残るのはこのチームではないかと思います。

対向:デンバー・ナゲッツ(ウエスタン2位)

どのチームにするか非常に悩みました。ジノビリがプレイオフに出られれば間違いなくスパーズを選びましたが、彼が出られないことはかなり痛いです。ということで、ホームコートアドバンテージで有利なナゲッツを選びました。カーメロやネネイ、マーティン、JRスミスといった能力の高い選手たちはもちろんですが、特に今シーズン加入したビラップスの存在が大きいです。彼がチームをうまくコントロールしているお陰でウエスタン2位という素晴らしい成績を残せたといえるでしょう。レイカーズの壁を壊すのはとても至難の技だと思いますが、一番壊すことが出来る可能性のチームではないでしょうか。

ダークホース:ポートランド・トレイルブレイザーズ(ウエスタン4位)

ここは迷わずこのチームを選びました。それは非常に能力の高い若武者が多いからです。チーム一の成長株であるオルドリッジ、超強力な控え選手であるアウトロー、エースのロイを中心に高くて走れる選手がシーズンを通じて大活躍をしました。オデンもケガから復帰しましたし、選手層もとても厚いので、このプレイオフで一波乱起こしそうな予感がしています。ただ何せ若いチームなので、勢いがある時は止めようがないと思いますが、一度崩れだしたらそのままズルズルといってしまいそうな気もします。「安定」がこのチームが勝ち残るためのキーワードになると思います。





ラーメン屋巡り 26食目

16 04 2009

活力屋

秋葉原電気街の路地裏にひっそりと佇むラーメン屋。ネットで「えび塩そば」が旨いとの評判だったので行ってみました。ビルの2階にあるのですが、表には看板が出ていないので、うっかりすると見落としてしまいそうでした。2階入り口に「ええスープでてまっせ」という看板が、何か申し訳なさそうに置いてありました。何故表に置いておかないとか不思議でなりません。少し時間をずらした事もあったかもしれませんが、先客は1人のみ。何故かカウンター奥にドラクエで出てくる「スライム」のぬいぐるみが置いてありました。さて、待望の「えび塩そば」を食べてみると、これがなかなか旨い。少しえびの臭みが気になりましたが、塩加減もちょうどよく、スープを口に含むと、ダシがまろやかに広がる感じでした。麺もコシがあり、スープとよく馴染んでいました。チャーシューは普通でしたが、玉子はほどよい半熟薫製でネギのみじん切りや青菜もGOODでした。丁寧に作られたラーメンだなと感じました。この店はつけ麺も人気らしいので、次回訪れた時はつけ麺をいただきたいと思います。

惜しむらくは、店の立地環境です。目立たない事もさることながら、なかなか普通のサラリーマンが訪れる場所ではない気がしました。このビルにも入っていましたが、周りにはメイド喫茶がたくさん。駅までの道でメイド姿の方々が呼び込みをしており、歩いている方々も属に言うアキバ系が大多数を占めていました。失礼な言い方かもしれませんが、少し非日常的な空間に来た気がしました。でも、自分も疲れきった時にはここで癒して欲しいかも。

 

味は旨いのだから、もっと強調してもいいのになあと思います。

味は旨いのだから、もっと強調してもいいのになあと思います。

 

油膜で覆われたスープは熱かったですが、総合的に美味しかったです。

油膜で覆われたスープは熱かったですが、総合的に美味しかったです。

 





花海棠

14 04 2009

娘が生まれた時に市から記念樹としてもらった花海棠が今年も咲きました。今年で4回目の春を迎えた訳ですが、年々花が増えてきているので、とても嬉しいです。桜が咲くのが早かったせいか、うちの花海棠も例年より早く咲き始めた感じです。さて庭木と害虫は切っても切れない縁ですが、この花海棠も他と比べるとあまり多くはないと言われても、毎年少し悩まされます。カイガラムシやアブラムシ、またそのアブラムシに寄り付くアリなどがうじゃうじゃ出てくるので、それが少し憂鬱になります。でも花がキレイに咲くのはとても嬉しいですね。心が和みます。

 

木の下の方を中心に、なかなか咲き誇ってます。

木の下の方を中心に、なかなか咲き誇ってます。





レッドクリフ

13 04 2009

昨日TVで放映されていたので観ました。最初の感想は、「三国無双」の実写版だ〜!ということ。敵をバッサバッサとなぎ倒して行くアクション、敵陣へ一騎で乗り込んでいくシーンなど、あの爽快さは、まさに「三国無双」。三国志の歴史を知るというより、三国志時代のアクションを楽しむ感じですね。実際にはなかった戦いを作り出したり、オーバーアクションを演出したりと、エンターテインメント性たっぷりでした。最後の八卦の陣は、正にそうですね。実際にはこの戦いで八卦の陣は使われていなかったと思いますし(八卦の陣は、横山光輝三国志の中で、曹仁が敷いたものを徐庶が破ったことと、孔明と司馬懿の知恵比べ時に、孔明が敷いたことの、2つくらいしか記憶にありません。)、周瑜があんな前線にいくはずもありません。まして、そもそもこの陸戦自体あったかどうか疑問です。ただ、アクションはとてもかっこ良かったです。特にもっと槍さばきを見たかったですが、趙雲が良かったです。あと小喬役のリン・チーリンは、めちゃめちゃキレイですね。可憐で上品な感じがする中に、エロスも漂っていました。

不満点もいくつかありました。まず、民と共に逃げるシーンで、関羽があんな前線で戦いをしたこと。しかもここで曹操と顔を付き合わすことなどなかったはず。これが後に曹操を逃がすための布石だとしたらちょっと納得いきません。また、長坂橋にもスポットを当てて欲しかった。張飛を語る上ではこの戦いは欠かせません。あと、呉の武将をもう少し出して欲しかったです。その筆頭は太史慈。甘興と並んで呉の豪傑で、赤壁の戦いでも活躍しました。まだまだ言いたいことはありますが、きりがないのでこの辺にしときます。

でも、こうして自分の好きな三国志が話題になるというのは、とても嬉しい事です!そしてもちろん、レッドクリフpart2も観たいと思ってます。





ラーメン屋巡り 25食目

9 04 2009

中華そば むらさき山

1年ほど前のテレビで、「脱サラして飲食店を始める人たちを追う」というような番組をやっていて、その中の1人がこの「むらさき山」の店主でした。ラーメン店で修行した後、研究に研究を重ねたラーメンで、ラーメン激戦区の田町に乗り込んだそうです。これが人気を呼び、行列が出来るほどの評判だとか。いつか食べたいと思っていたので、店の前に並んだ時から結構興奮していました。

私が行った時は5名ほどが店の外に並んでおり、10分ほど待って店内に入れました。液晶式の券売機で食券を購入し、細長いカウンター席の一番奥に座りました。注文したのは一番人気という、「紫ゆかりそば」。ゆかりといっても、しそは入っていません。普通の中華そばよりチャーシューが多かったり煮玉子が入っていたりする感じです。スープは豚骨と魚介のブレンド。以前食した高田馬場の「渡なべ」と同じ感じのスープですが、こちらの方があっさりしています。まろやかで優しいスープでした。麺は中太でコシがあって美味しかったです。しかし、スープと麺とも個々では美味しいのですが、それが合わさった時、「?」という感じでした。渡なべの濃厚スープならバッチリ合うと思うのですが、このスープならもう少し細い麺の方がいいのでは?何かスープの割に麺が強調しすぎている感じがしました。チャーシューはとても美味しかったです。ジューシーで味がしっかり出ていてほど良い噛み応えでした。煮玉子も半熟でとてもGOODでした。店員さんもとても感じが良く、いいお店だと思いました。

久々に田町に行ったのですが、確かにラーメン屋は多いですね。このお店に行くまで4〜5店舗ラーメン屋がありました。今度は他の店にも行ってみようと思います。

 

路地に入ったところに店があり、立地条件はあまり良くありません。

路地に入ったところに店があり、立地条件はあまり良くありません。

 

 

 

個々のクオリティはとても高かったです。

個々のクオリティはとても高かったです。

地図・店情報はこちら